学校事務職員の年収は?大規模な学校は年収が高い

記事の著者:1150122

学校でさまざまな事務をこなす事務職員。

学生対応から総務、会計までさまざまな仕事があり、小学校・中学校・高校・大学など、組織によって仕事もその仕事は異なります。

そして、年収や給与もそれぞれの学校形態や、公立・私立の違いでも異なってくるので、就職前に確認しておくことが必要です。

学校事務職員の平均年収は?

学校事務職員の平均月収は30万円程度、年収は約450万円です。

年齢と勤続年数に応じて月給は徐々に上がっていく年功序列が多いですが、働く地域や公立・私立によって月給は異なります。

とくに、有名私立学校の学校事務職員の月給は高給です。また、地域によって月給に差もあります。

人口が多い地域にある学校は月給に恵まれていることが多く、人口が少ない地域にある学校は薄給です。

学校事務員のボーナス事情

学校事務職員は年2回、夏・冬にボーナスが支給されることが多いです。ボーナスは、およそ給与の3ヶ月分程度のボーナスが支給されます。

月収が30万円程度の場合、およそ100万円のボーナスが支給されることになります。

学校事務職員は公的機関に務めることになるので、経営は安定しており、毎年基本給に合わせて同水準のボーナスが支給されることが特徴です。

学校事務員の昇給事情

学校事務職員の給与体系は多くの場合、勤続年数によって棒級表の級が上がっていきます。

勤続年数が長くなればなるほど、徐々に昇給していくことになります。

勤続年数が長ければ長いほど責任のある職位に就くことになり、およそ年功序列で昇給の順番は決まっていることから、確実に昇給していく体制です。

学校事務員の年齢で考える年収推移のシミュレーション

学校事務職員の年収は、新卒で400万円程度です。その後、20代後半となると450万円程度になり、30代では500万に到達する人もいます。

その後40代では、550万程度の年収水準となり、50代で600万円程度となることが多いです。

定年時には少し下がって、550万円程度の年収となります。最後に年収が落ちるのは、その時期まで学校職員として勤め上げる人は珍しく、再雇用との調整もあるからです。

学校事務職員が年収をあげるためには、学校に来る学生数を確保されていることが必要です。

大規模な学校であれば、十分が学生数が確保できているので、学校事務職員の給与も高くなる傾向があります。

しかし、学生数が十分に確保できず、学校事務員の給与も低く設定されている学校もあります。

とくに、田舎の学校であるほど人を確保できないので、可能性は高いです。

できるだけ、新規で学校に来る学生の数を増やしていく必要があります。

学校の主な収入源は、生徒の学費です。そのため学生が入学しなければ、給与の支払いはできません。

給与をあげたいと考えている場合には、学校の収入源である生徒数を増やす必要があります。