ディーラーから転職したい。提案力と忍耐力を活かせる営業職がおすすめ

記事の著者:707661

自分が頑張って売上を伸ばした分だけ、給与がもらえるディーラーの営業職。

お客さんと長期的な付き合いもできますし、またお客さんの人生の中でも、割と高価な買い物の機会に携わることができる仕事なので、やりがいも感じられます。

このディーラーでの営業職から転職する場合、転職を決めたきっかけや、異業種への転職先にはどういった例があるのか紹介します。

ディーラーから転職をしたいと思ったきっかけ

ノルマ達成に対するプレッシャーと、人事評価における会社への不満がきっかけとなるケースが多いです。

もちろん営業職の方々は、この数値的目標があると知って入社を決断されていますので、覚悟はできていたと思います。

しかし実際に業務を始めてみると、営業活動以外にもお客さんへのアフターサービスや時にはクレーム対応も要するため、営業だけに時間をかけることは困難だと感じます。

また、そのような購入後の対応は営業時間外におこなうことも多く、残業が増えたり、休日出勤をしたりなど、体力的にも容易ではない仕事です。

さらに、前述したノルマを達成できたとしても、次年度は前年度の成績をもとに目標を設定されることが多く、成績をあげればあげるほど、厳しい環境になるというのが実情です。

そのため、成績が悪い人ほど目標値も低くなり、よい成績を出している方からすれば、不公平とも思えるでしょう。

ディーラーにおすすめの転職先

おすすめは、営業職です。

自動車業界でも異なる事業をおこなっている企業をあげると、自動車ディーラーと同じく主にBtoCの事業であれば、カー用品専門店での販売職もありますし、近年若者を対象に需要が伸びてきているレンタカーの営業職もあります。

どちらも売上目標はあると思いますが、カー用品専門店もレンタカー店も、お客さんの支払い代金はマイカー購入と比べて安く、また購入意思をある程度持って来店されるため、売上があげやすいです。

また、BtoBの事業であれば、企業向けに車をリースしている会社、自動車や部品のメーカーや自動車関連の商社での営業職もおすすめです。BtoBの事業は、ディーラー勤務と違い、土日祝日が休みになる可能性も高いです。

業界を変える場合、基本的には営業職は人手不足な企業が多く、引く手あまたです。

同じく有形商材の営業職を目指してもよいですし、クライアントに合わせて提案内容を自由自在に変えられる無形商材を扱うのもよいと思います。

無形商材の場合は、人材や経営コンサルティング、広告、ITなどがあげられます。また、損害保険など少しでも自動車業界での知識を生かせる業界もおすすめです。

ディーラーが転職する前に考えておくこと

ディーラーの営業職として、ある程度の成績を出せていたのであれば、提案力も忍耐力もあるとみなされるので、採用したいと思う企業も多いと思います。

どんな点を不満に感じて転職しようとしているのかを整理し、同じような失敗を繰り返さないために、希望条件を定めておきましょう。

また自動車業界は、高齢化社会で売上が伸びてきている一方、それは一時的な数字と言う意見もあります。なぜなら若者の車離れが進んでおり、レンタカーやカーシェアリングの事業が少しずつ伸びてきているからです。

これを機に、将来性のある商材やサービスを考えてみても良いかもしれません。

まずは転職サイトで可能性を

ディーラーから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、ディーラーから異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。