樹医になるには?通信講座で年齢・業務経験に関係なく資格を取得することができる

記事の著者:1103870

植木職人や造園会社の業務のなかには、さまざまな資格があります。

樹医は、枯れてしまったり、元気のない樹木を診断して、治療や根分けやせん定や害虫駆除などをします。正しい生育のアドバイスをしてくれる緑のお医者さんといえます。

盆栽などを趣味の人にしている人中高年や退職者などでも樹医として活躍できます。樹医になるには何が必要なのでしょうか?

樹医のなり方は

樹医と似ているものに樹木医があります。樹医と樹木医は共に民間資格ですが、樹医と樹木医は別物です。

「樹木医」は、元国家資格で、現在財団法人日本緑化センターで取り扱われている資格になります。

樹木医の資格を受験するには、まず樹木の診断や治療等に関する業務経験が7年以上必要です。

業務経験ののち、筆記試験と業績審査の一次試験に合格し、2週間程度の研修を受け、毎日おこなわれる筆記試験に合格する必要があります。そしてその後、面接に合格して、やっと「樹木医」の資格が貰えます。

そんな「樹木医」に対し、「樹医」は、草木が好きなら、年齢などに関係なく、誰でも受けることができる民間の資格になります。樹の治療をするのは樹木医の資格がなくてもおこなうことができるのです。

日本樹医会の会員になることで、樹医の仕事の幅が広がると言います。「樹医」として活躍することで、地域社会に貢献したり、定年後に、樹木保護のボランティアとして活動している人もいます。

樹医になる為の必要な資格

「樹医」は、枯れそうになったり、花が咲かなかったり、また実を結ばなかったりする庭木や果樹などを、的確な診断のもとに治療を施し、育成・保護・管理業務を行う、緑のお医者さんです。

日本樹医会では、「樹木医師養成講座」の通信講座がおこなわれています。この講座は樹医になるために、必要な知識を学ぶ講座です。通信講座のため、樹木や林や森林に興味がある人なら、年齢や性別や経験や学歴は一切関係なく初心者でも受けることができます。

ただし通信講座でも、10回に及ぶ添削問題と修了試験がおこなわれるので、しっかりとした知識を身に付けることが必要です。

また日本カルチャー協会は、樹医養成講座を開催していて、この講座では「樹医」の資格を短期間で取得できるよう、さまざまな試験対策をしてくれます。講座を受講したあと、希望すれば「樹医認定セット」が授与されるので「樹医」の資格を取得すれば、確かな知識や腕前の証明になります。

樹医として活躍するために必要な能力

樹木や林や森林などが好きな人なら誰でも資格が取れる樹医ですが、樹医は、樹木の診断をするときに、高い樹木に登って診断しなければならないときがあります。

高所恐怖症ではきちんと正確な診断ができない時があるので、できれば、高所恐怖症を克服しておくほうがいいでしょう。

また、樹木に付く害虫なども1匹2匹と少数ではなく、多いときには、何百匹と駆除しなければならない場合もあります。虫嫌いの人にとっては、集団の虫を退治するのは苦痛になるかも知れません。