歌手の年収は?チケットなどの売上が多いとボーナスが出る

記事の著者:1150122

誰でもあこがれる職業の歌手。

華やかな世界ではあるものの、成功するまでの下積み期間は辛い日々を過ごさなければならないこともしばしばあります。

そんな歌手の年収は、売れて活躍している人と全く売れていない人とで大きな差があることが特徴です。

歌手の平均月給

歌手の平均月給は、個々によってまったく異なります。音楽活動だけでの年収が二桁という人も多くいますし、年収1,000万円を超えている人もいます。

1度ヒット作品を出すことができても、それを継続することができず、すぐに下がってしまうというケースも。

そのため、歌手の月収を平均とすることにはあまり意味がありません。

売れていない駆けだしの歌手の場合、平均月収は10万円以下ですが、ワンマンライブなどをおこなうことができる売れている歌手の場合、月収50万円以上ということが多いです。

歌手のボーナス事情

歌手のボーナス事情として、コンサートやテレビへの露出、グッズ販売による売上が出ている場合にはボーナスが支給されます。

ボーナスの支給額は売上に依存するので一概に言えませんが、およそ一回のワンマンライブで10万円程度と考えるのが妥当です。

もちろん、グループを組んでいる場合には、グループ全員でそれを折半するので一人あたりのボーナスはさらに少なくなります。

音楽レーベルからデビューしている歌手でも、歌が売れていればボーナスが多く支給されるので、そこで年収が上がる人もいます。

歌手の昇給事情

会社員ではないので、歌手には昇給という概念がありません。

あくまでも、自分の能力と運によって収入が決まるのが一般的。

最近では、純粋な音楽活動だけで収入を得ることが難しいことから、グッズ販売や握手会などをして収入を得ている場合もあります。

売れない歌手の場合、音楽活動などとは別にアルバイトなどおこなって生計を立てている人もいます。

人気商売という側面が強い歌手は、1度ヒット曲を出してもそれが継続しなければ収入は激減し、生活していけなくなるというのが現状です。

歌手の年齢で考える年収推移シミュレーション

初任給は、およそ10万円程度です。

ほとんど初任給だけで生活することは不可能なので、多くの場合アルバイト活動などをして生計を立てています。

その後20代となって音楽活動が軌道に乗れば、年収は200万〜300万円程度となります。

ただし、この給与から音楽活動に必要な経費を捻出することが必要です。

30代となって売れないままであると、年収は下がって200万円程度となる可能性も十分に考えられます。

一方で売れていれば、30代の年収が700万円程度にもなります。

その後、継続して売れることができれば、年収1,000万円以上も夢ではないです。テレビなどへの露出も増えれば、億万長者への道も見えてきます。

歌手として成功するためには、メディアへの露出、歌手活動以外のグッズ販売などにも力を入れて、知名度をあげていかなければなりません。