カーデザイナーの年収は?実績を作ると評価され年収が上がる

記事の著者:1150122

車のデザインをする、カーデザイナー。

カーデザイナーは昨今、車のデザインだけではなく、バイクや自転車など、さまざまな乗り物のデザインも引き受けるようになってきています。

1台の車ができるまでには、多くの時間がかかっていますが、カーデザイナーはその中でも車の外側のデザインを決めるのが仕事です。

デザイナーとしての創造性が問われる仕事でもあり、その年収は経験や実力によっても変わってきます。

カーデザイナーの平均月給

カーデザイナーは基本的に、自動車会社のような会社に雇われて車をデザインするのが仕事です。

その平均月給は、30万円〜40万円程度です。自動車会社に勤務する人の給与は、会社が為替の変動の影響を受けやすいため変動することもあります。

しかし、会社に正社員として雇われていることには変わりないので、月収は能力と勤続年数に沿って決まるのが一般的です。

正社員として働くことの多いカーデザイナーですが、フリーランスとして活躍している人もいます。

カーデザイナーのボーナス事情

カーデザイナーは基本的に会社に雇われていることになるので、夏冬の年に2回、ボーナスが支給されます。

ボーナスの金額は会社の業績によって変動しますが、おおむね基本給の4,5ヶ月分です。

カーデザイナーは実績によって評価される職業であるため、自分がデザインした車の売れ行きが好調であれば、インセンティブとしてボーナスが支給されることがあります。

自動車会社で重要な役割に就任したりすれば、ボーナスも非常に高額となります。

カーデザイナーの昇給事情

カーデザイナーの昇給は、勤続年数と実績によって決まります。

基本的には勤続年数が長くなるにつれて徐々に昇給していきますが、そこに実績が加味されて昇給度合いが決定されます。

非常に売れ行きが好調な車をデザインした実績があれば、昇給度合いも上がっていきます。自動車会社であれば、昇給すれば給与も高額になっていく傾向にあります。

カーデザイナーの年齢で考える年収推移シミュレーション

カーデザイナーは新卒で400万円程度、20代後半では450万円程度となります。

その後、30代となると500万円程度となり、40代となると550万円程度まで上昇します。

50代になると600万円程度まで年収は上がり、最終的に定年前には650万円程度の年収となることが多いです。

カーデザイナーとしてなるべく年収をあげるためには、実績を作らなければなりません。

売れ行き好調な車をデザインすることを目指しますが、会社のマーケティング戦略に合わせた車のデザインも求められる職業です。

それによって1台1台のカーデザインを洗練させていくことができ、徐々にではありますが給与は上がっていきます。

カーデザイナーはヘッドハンティングも多い業界なので、実績を積み重ねることでもしされることがあったら、比較的高い給与を受け取ることができます。