航空管制官から転職!英語のスキルを活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:2296565

航空管制官は、空の交通管理をして安全かつスムーズに飛行機が離発着できるように、飛行機のパイロットへ指示を出す仕事です。航空管制官の資格は、合格率が約5%と難易度が高くなっています。逆にいうと95%の人は落ちてしまう非常に狭き門なのです。

航空管制官はまさに空の安全を守るスペシャリストです。今回は、航空管制官を辞めたいと思ったきっかけやおすすめの転職先を紹介していきます。

航空管制官から転職したいと思ったきっかけ

航空管制官は、空港の安全に欠かせない存在でやりがいのある仕事なのですが、同時に絶対にミスが許されません。ミスが発生するということは、大事故に直結してしまうからです。しかし、陸と違い空の状況は刻々と変化します。

突然の突風や大雪などもありますし、飛行機にトラブルが発生することもあれば、滑走路に動物が入り込むこともあります。このように常に変化する環境の中で、航空管制官は瞬時にどうすれば安全であるかの判断を求められ、それを飛行機のパイロットへ正確に伝える必要があるのです。

航空管制官としての業務中は常に集中力と的確な判断力を求められ、さらに重圧に耐える精神力が必要になります。ときには、10機近くを誘導する必要がある場合もあるので、一瞬たりとも気が抜けません。

1つのミスが乗客乗員を含め地上の人間の命まで危険に晒すことになるので、常に張り詰めた空気の中の仕事であり、ストレスにもなります。また、定期的に行われる内部試験にも合格し続ける必要があるので、心身に余裕がなくなり辞職や転職を考える人もいます。

航空管制官におすすめの転職先

航空管制官になるには、試験取得の際にTOEICで700点は取れる実力がないと、難しいレベルですから、航空管制官は英語の素質があります。転職の際には、英語のスキルが十分に活かせる仕事に就くのがおすすめです。

通訳

航空管制官は、英語で飛行機のパイロットと正確にやりとりをする必要があります。国内でこのような環境に置かれる仕事は非常に少ないです。通訳と航空管制官の共通点は、相手へ正確に伝えるスキルです。それを日々、ミスが許されない現場で続けてきたのですから、その経験を最大に活かせます。

転職する前に考えておくこと

航空管制官は、空港や飛行機の安全を守る非常にやりがいのある仕事です。また、国家公務員として非常に安定している職業になります。確かにミスが絶対に許されない現場ですが、それだけ社会的に尊敬される職種であり、印象や評価も高くなるのです。

既に資格取得の際に、狭き門を潜り抜けることができているのですから、適性や素質は十分に備わっています。逆にいえば、ミスを恐れる気持ちやストレスを感じるからこそ、事故が防げているのだとプラスに考えることもできます。

まずは転職サイトで可能性を

航空管制官から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、航空管制官から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)