カラーコーディネーターの年収は?あつかう仕事内容によって年収が変わる

記事の著者:1150122

カラーコーディネーターは、商品のイメージカラーを選んだり、視覚効果を活かして広告を作ったりと幅広い業務をこなす仕事です。

個人のお化粧や洋服のコーディネートなど、一口にカラーコーディネーターといってもさまざまな仕事をしている人がいます。

そのためカラーコーディネーターの年収は、やっている仕事ごとに大きな幅があります。

カラーコーディネーターの平均年収

カラーコーディネーターの平均的な月収は25万円程度〜30万円程度、年収は約400万円です。

どの程度給料が支払われるかは、具体的な仕事内容によって異なります。

カラーコーディネーターは、会社との契約状況や仕事内容、個々の能力などに応じて給与額にばらつきが多いのが特徴的です。

月に50万円程度給与をもらっている人もいれば、月に10万円程度しかもらっていない人もいます。

カラーコーディネーターのボーナス事情

カラーコーディネーターのボーナス事情は、会社に雇われている場合、年に2回夏・冬に基本給の3ヶ月分程度支給されることが多いです。

カラーコーディネーターの仕事では、商品のイメージカラーを選んだりしている人もいれば、広告のイメージカラーを選んだり、個人の化粧品の合わせ方、洋服のコーディネート術などもおこっている人がいます。

自分の主だった業務にともなって、ボーナスは決定されることになります。

そのため一概には言えませんが、多くの人が年間70万円程度支給されていることが多いです。

カラーコーディネーターの昇給事情

カラーコーディネーターは、会社に雇われて活動している場合、会社のルールにしたがって昇給していくことになります。

会社の場合、昇給は勤続年数、成績などによって決定されるので、昇給状況もそれに依存することになります。

カラーコーディネーターとしての仕事が評価されて昇給するというよりも、普通の業務をこなしていてそれが評価されて昇給するというパターンが多いです。

カラーコーディネーターの年齢で考える年収推移シミュレーション

カラーコーディネーターの場合、新卒で年額350万円程度の給与(ボーナスを含む)を受取ることができます。

その後、20代後半となると、380万円程度の給与となります。30代でようやく年収400万円に到達することが一般的です。

30代を超えて40代となると、年収はさらに上がり450万円程度となります。

その後50代で500万円の大台を突破し、定年前には550万円程度の年収となるのが一般的です。

カラーコーディネーターの仕事でなるべく年収をあげるためには、本業以外で他の仕事を引き受けることです。

カラーコーディネーターは汎用性の高い資格で、さまざまな職場で活躍が見込めます。

本業以外の他の仕事を引き受けることによって経験を積むことができ、結果として給与もいままで以上にもらうことができます。