為替ディーラーの年収は?実力で年収が決まる世界

記事の著者:1150122

為替ディーラーは、主に金融機関のマーケット部門において、外国為替取引を専門におこなうディーラーのことを言います。

非常にハードワークを強いられる仕事ですが、年収が高いという理由でなりたいという人も少なくありません。

実際に一般的な会社と比較すると、年収は高水準です。一般的な平均年収の2倍、3倍の年収を稼ぎ出している人もいます。

為替ディーラーの平均年収

為替ディーラーは、為替業界のスペシャリストとして働く人のことを言います。専門的な知識が必要なだけではなく、朝から夜まで仕事をすることになります。

その平均月給は70万円程度、年収840万円です。為替の動きを常にチェックしなければならないため、昼夜を問わず業務に取り組まなければなりません。

為替ディーラーは金融機関のマーケット部門に主に所属していますが、ここに所属するヒトは金融機関の中でもエリートに属する人たちです。

そのため、ほかの部門と比較すると平均年齢も高い分給料も高い傾向にあります。為替ディーラーの数は非常少なく、希望があっても簡単になれるものではありません。

為替ディーラーのボーナス事情

為替ディーラーのボーナス事情としては、年に夏・冬2回、およそ200万円程度のボーナスが給付されます。

為替ディーラーは為替で儲けを出した分については、ボーナスとして会社にもたらした利益の一部を受け取ることができます。

為替ディーラーは、完全に実力の世界です。金融機関にあるたくさんの部門の中でもエリートに分類されます。

そのため、為替ディーラーとしての能力が高い場合には、非常に高額のボーナスを受け取ることができます。

為替ディーラーの昇給事情

為替ディーラーには、昇給という制度がほとんどありません。なぜなら、昇給よりもボーナスによる報酬の方が大きいからです。

為替ディーラーも金融機関に属する会社員ということができますが、会社員としての給与の部分は勤続年数によって決まります。

その一方で、為替ディーラーとしての実力は為替でいかに会社に利益をもたらすことができるかで判断されるので、その能力によってボーナスが支給されることになります。

為替ディーラーの年齢で考える年収推移シミュレーション

為替ディーラーは金融機関にある部署の中でも一握りの人しかなることができない職業です。

そのため、為替ディーラーは新卒ではほとんど採用がありません。20代後半となっても為替ディーラーといて働いている人は、非常にめずらしいです。

30代となって、その金融機関で実績を出してきた人の一部が為替ディーラーとして活躍するようになります。

そのときの年収は、およそ700万円〜800万円程度です。その後、40代となるまで為替ディーラーとして活躍している場合には、1,000万円程度の年収となります。

40代が、為替ディーラーとして最も脂が乗っている時期です。というのも、昼夜問わず働くことになるので、50代には体力的に厳しくなってきます。

結果として、50代から定年まで為替ディーラーとして勤め上げる人はほとんどいないのが現状です。

為替ディーラーとして活躍して給料をあげるためには、実力で会社に利益をもたらす必要があります。

実力だけがものをいう世界なので、結果を出さない限り報酬を上げることはできません。