音楽プロデューサーの年収は?ヒット曲が出せれば月収100万円も夢ではない

記事の著者:1150122

アーティストの音楽性や方向性を決定づけるのが音楽プロデューサーの仕事です。

アーティストの音楽活動をサポートし、世の中に音楽を届けることが仕事になります。

音楽プロデューサーの仕事は、音楽という華やかな世界なので多くの人があこがれます。

しかしその年収実態は低い給与で働いていることが多く、年収が高いのは一部の有名な音楽プロデューサーだけです。

音楽プロデューサーの平均年収

音楽プロデューサーの平均月収は20万円、年収は約240万円程度です。

よく知られている有名人をのぞいて、音楽プロデューサーの仕事は給与面で恵まれているとは言えません。

音楽プロデューサーとして有名なのが、小室哲哉さん・秋元康さん・つんくさんなどです。

彼らはトップの音楽プロデューサーであり、年収は数億円にもなります。その一方、無名の音楽プロデューサーは、会社の事務職と比べて同じ程度か若干低いぐらいです。

音楽プロデューサーの仕事は、アーティストの音楽活動をサポートし音楽を生み出すことですが、ヒット曲をつくるだけでも非常に難しいというのが現状です。

そのため、収入もほとんどないような状態となることもあるので、なかなか給与面では恵まれていません。

ただし、ヒット曲が出してアーティストを育てていけば、月収100万円以上も夢ではありません。

音楽プロデューサーのボーナス事情

音楽プロデューサーは独立している場合、ボーナスがありません。

独立して活動している場合、その人が社長と同じ扱いになるので、音楽プロデューサーであってもボーナスが出ることはありません。

音楽活動を通して得られた収入が、ボーナスです。

一方で、会社に雇われている音楽プロデューサーの場合、年に2回(夏・冬)のボーナスが会社員と同程度に出ます。

ボーナス額は60万円程度です。

音楽プロデューサーの昇給事情

音楽プロデューサーの昇給事情としては、会社で働いている場合、勤続年数によって決定されます。

勤続年数が長ければ長いほど、昇給も進んでいくことになります。

独立してフリーの音楽プロデューサーとして活躍している場合には、昇給はないです。

音楽活動によって得られた収入の一部が、自分の給料となります。有名であれば問題ありませんが、無名である場合にはほとんど昇給がないということも一般的です。

音楽プロデューサーの年齢で考える年収推移シミュレーション

新卒の場合、会社に雇われた音楽プロデューサーであれば、年収はおよそ会社員と同じくらいの360万円程度になります。

その後20代後半になればできるようになることも増え、380万円程度の年収を得ることが可能。

30代、40代となると、責任ある立場に置かれるようになり、年収は450万〜500万程度までいきます。

最終的に50代の頃には550万円程度となって、定年まで同じ水準で給与が支払われます。

音楽プロデューサーとして年収をあげるためには、できるだけ多くの作品を手がけて音楽を世の中に出していくことです。

それによって自分の名前が売れるようになれば、音楽制作の話が来るようになり、契約金として収入を得ることができるようになります。