スポーツドクターになるには?スポーツ知識と医療知識が必要

記事の著者:1103870

スポーツドクターは、スポーツ選手の筋肉の故障を改善したり、怪我をしてしまったときに治療したり、日々の健康管理をおこなっています。

スポーツに関わる仕事ということで、なりたいと目指す人も非常に多い職業です。

全日本で活躍するチームのスポーツドクターなどは、選手のコンディショニングなどのサポートや助言によって勝利に導く仕事なので、とてもやりがいがあります。

スポーツドクターのなり方

スポーツドクターになるには、医師免許が必要です。医学部に進学して、医師の国家試験に合格することで、スポーツドクターの資格を取得できます。

スポーツドクターの資格は、どの科の医師でも取得可能ですが、スポーツドクターの資格の中に整形外科医や整形外科の資格がないと取れないものもあります。

そのため、スポーツと関わりの深い整形外科や循環器内科のドクターがスポーツドクターになっていることが多いです。

一般的な医者の治療では完治を考えて治療をしますが、スポーツドクターは、完治よりもこれから競技をおこなっていけるような治療方法を優先します。

栄養学や外傷についての細かな診断をして、治療方針を決めていくといったやり方です。

スポーツドクターとして怪我をした原因を徹底的に追求していき、競技中に筋肉がどのように使われているか、どの筋肉に負荷が最もかかっているかということを解明します。

スポーツ選手に怪我をさせないように、管理をするのも一流のスポーツドクターの仕事です。

そのため、大学1年の時の共通科目でスポーツ科学の授業を選択したり、スポーツ科学の研究室に入ってスポーツのことをしっかり学ぶのがおすすめです。

スポーツドクターとしての必要な資格

スポーツドクターになるには、まずは、医師免許が必要です。

スポーツドクターの資格は3つあります。

日本医師会認定スポーツ医

前期と後期の健康スポーツ医学講習会を、講習会を受講して申請すれば取得可能な資格で、何科の医師でも受講可能です。

成人病の予防や、健康スポーツへの助言をおこないます。

5年毎に更新しなければなりません。

日本体育協会公認スポーツドクター

この資格を持っていると、国民体育大会やオリンピックなどの大会ドクターやチームなどができるようになります。

そのため、代表レベルのスポーツドクターを考えている人にとってこの資格は必須です。

日本整形外科学会認定スポーツ医

整形外科専門医を取得した人のみ取得できる資格になります。

競技現場で競技者を診断したり、応急処置、ドーピング検査などをおこなっています。

スポーツドクターとして活躍するために必要な能力

スポーツドクターを志した人の中には、一般的な整形外科や肩や膝などの専門の知識を学んで、スポーツ障害の治療をしている先生が多いです。

しかし実際には、プロのアスリートの治療経験のある先生は多くありません。

そのためスポーツドクターになるには、スポーツの知識と医療知識を学んでおくことが必要になります。

また、人間関係でタテヨコのつながりが非常に強いのが、スポーツドクターの世界です。

積極的に、スポーツドクターになりたい自分の熱意をアピールして、尊敬できる先生と仲良くなれるコミュニケーション能力も重要。

そして、スポーツを愛する情熱を絶さない気持ちがなによりも大切です。

まずは転職サイトで可能性を

スポーツドクターへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、スポーツドクターへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る