装丁家になるには?実務経験を積み、評価されていくことが重要

記事の著者:1103870

装丁家とは別名、ブックデザイナーと呼ばれています。作品に合わせた本の表紙や帯などをデザインする職業です。

デザイナーや画家が装丁家を兼ねる場合もあります。しかし、表紙や帯で、本自体の売上が大きく変わることから、作家が装丁家を指名する場合も多く、需要が上がってきている職業です。

幼い時に読んだ1冊の絵本の表紙が忘れられない人もいるように、表紙で絵本の内容を描くことができる装丁家になるにはどうしたらいいのでしょうか?

装丁家になるには?

装丁家になるには、美術系の大学や専門学校などでデザインに関する基礎的な知識や技能を学んだ後に、デザイン事務所や編集プロダクション、出版社のデザイン部門などに就職する人がほとんどです。

始めから装丁家という職業に付くのではなく、出版社で編集者として働いたり、デザイン事務所で編集デザインなどを経験してから装丁家になる人が多いです。

出版社の採用条件には、四大卒上の学歴とあるのがほとんどなので、編集者になるには大学を卒業していなければなりません。

また、有名な装丁家のアシスタントとして、働きながら、技術を磨きと実力を身につけて独立するケースもあります。

表紙や帯は、本を開かなくても、一目で書籍の内容をイメージする事ができます。表紙や帯は本の売れ行きに影響するので、装丁家には、読者の目を引くデザインが求められます。

装丁家に必要な資格

装丁家になるには資格は必要ありません。

装丁家は、過去の実績や実務経験が評価されて、認められてくると自然と仕事の依頼がくるようになります。

実務経験が重要視されます。作業のスケジュールや業界の背景をきちんと把握してプロ意識を持つことが重要といえるでしょう。

装丁家になるには、装丁に使用するイラストや写真を編集や加工できる技術を身につけなくてはいけません。デザインするのにコンピュータを使用するので、DTP系の技能習得は必要です。

またデザインは、編集者や著者と何度も打ち合わせをして決定されます。そのとき、紙やフォントの選択もしていくので、紙や印刷に関する知識も身に付けていかなければなりません。

装丁家になるには、編集者や著者とコミュニケーションを取りながら、独自の作品を形にしていく調整能力も大切です。

装丁家として活躍するために必要な能力

装丁家に向いている人は、本が大好きで本をたくさん読んでいる人です。読書量が多いことは、装丁家として必要な読解力や情報収集力が磨かれているという証になります。

実際に多くの装丁を目にしているので、読者が惹かれる装丁のイメージを掴むことができます。独自のセンスや色彩感覚やデザイン能力が高い人が向いています。

また装丁に使用できるようなアートワークに、常にアンテナを張って、世の中の人に受け入れられているのがどんなトレンドなのかよく把握する必要があります。

どのようなデザインが、読者の心をつかむことができるのか、鋭い洞察力とマーケティング能力が重要になります。