セラピストになるには?技術以外にもコミュニケーション力が必要

記事の著者:1103870

セラピストは、心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな技法で癒しを与えます。

そんなリラクゼーション業界で活躍しているセラピストは、さまざまな手技や知識を持っていて、その技術から顧客の信用を勝ち取ります。

セラピストは、そのような技術力が最も重要な職業です。

セラピストのなり方

マッサージやボディケアを中心としてケアする「ボディセラピスト」と、ストレスなど心の悩みの解決を提案する「メンタルセラピスト」の2つがあります。

ボディセラピストのなり方

ボディセラピストの中でとくに有名なのが、アロマテラピーです。

ボディ系セラピストになるには、スクールや通信講座でセラピーの基礎を学ぶ方法やサロンなどで働きながら技術を身につけていく方法があります。

民間のスクールなどもあって、期間は3カ月から2年とカリキュラムはさまざま。

スケジュールも比較的自由に設定できるところもあるので、働きながらでも、子育てしながらでも学べます。

アロマセラピストを目指すには、アロマのより詳しい知識を学ばなければなりません。ハーブや色の持つ力や、自然療法などの理論をより専門的に学ぶことが必要。

また、心地よいマッサージを提供するには、骨格を理解したり、筋肉の状態を見極めたり、リンパの流れなど学ばなければならない知識が多くあります。

メンタルセラピストのなり方

心理系セラピストは、お客さまの心の問題を軽くしなければなりません。心理的な負担を軽減すると同時に癒しも提供します。

確かな技術や知識を身につけることで、セラピストとして、独立することが可能です。

セラピストで独立を考えている人は、大がかりな設備などが必要ないので、自宅の1室で開業したり、自らがお客様のところへ出向く出張サービスなどの働き方もできます。

ただし、お客様の体を扱う仕事なので、豊富な知識や経験と高い技術力が求められます。

また技術や知識面だけでなく、お客さまへ対する気配りや快適な空間づくり、接客マナーや会話術も学んでおくことが必要です。

セラピストに必要な資格

セラピストになるには必ず必要な資格はありませんが、リラクゼーションの中でも需要が大きい「リフレクソロジー」や「アロマセラピー」などの資格を取得することをおすすめします。

また、アロマの資格の中でもアロマテラピー検定は、知識を十分身につけることができます。

サロンを開くなら、アロマテラピーやリンパドレナージュといったセラピストの代表的な施術についての理論を学ぶべきなので、取得しておいたほうが望ましい資格です。

また、セラピストになるには、人体に関する知識を持つ必要があります。

人体の骨格や筋肉や内分泌や神経系など人の身体のしくみを学ぶことは、セラピストにとって必須です。

それ以外にも、アロマテラピーやリンパドレナージュといった、セラピストの代表的な施術についての理論を学ぶ必要もあります。

セラピストとして活躍するために必要な能力

セラピストは施術をおこなうだけでなく、お客さまの話を親身になって聞くことが必要です。

そのため、人と寄り添うことのできる能力が、セラピストとして求められます。

またセラピストの仕事は、体力的にも精神的にもハードな職業です。

しかし、セラピスト自身が心身ともに健康でなければ、お客様自身を癒すことができません。そのため、自分の体調管理を上手くできる人がセラピストには向いてます。

そして、最新の情報を学ぶ努力も必要です。

ある一定の技術を身につけて満足していると、セラピストの技術は日々進歩しているので、取り残されてしまいます。

セラピストは、リラクゼーションに関して勉強熱心であることが必要不可欠です。

まずは転職サイトで可能性を

セラピストへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、セラピストへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る