音楽療法士の年収は?認知度がないため平均年収は低水準

記事の著者:1150122

音楽療法士は、乳幼児からお年寄りまで、心身に障害のあるひとたちが音楽を聴いたり、演奏することによって社会復帰のサポートをするのが仕事です。

音楽療法士は広く普及しているわけではないので、まだまだ認知度は低い職業ですが、今後高齢化社会を迎えるにあたって、重要性が高まっています。

そのため今後年収が伸びる可能性はありますが、現状は低水準というのが特徴です。

音楽療法士の平均年収

音楽療法士の月収は20万円程度、年収240万円です。まだまだ認知度も低く活躍の場も少ないので、決して給与が高い職業とは言えません。

多くの場合、介護ケアの必要な人たちがいる介護施設や、障がいを抱えた人の暮らす障がい者施設、傷病を負った人のいる大規模な病院などで、音楽活動を通じたコミュニケーションをするのが仕事となります。

現在、音楽療法士はフリーランスで活動していることがほとんどで、まれに介護福祉士などとして働くかたわらで音楽療法士としても働くという人もいます。

フリーランスの音楽療法士は自分で仕事を獲得しなければならず、公的機関などのレクレーションなどの時間に音楽療法士として働くケースが多いです。

その場合、収入としてはあまり期待できず、交通費のみ支給されるケースなどもあるため、月給が上がりにくくなっています。

音楽療法士のボーナス事情

フリーランスで働く音楽療法士には、ボーナスがありません。自分で仕事をしたその対価として、収入を得ているからです。

フリーランス以外で介護士として働いている場合は、ボーナスが出ることもあります。しかしそれは、介護士としての仕事に対して支払われるボーナスです。

介護業界などのボーナスの額は少なく、勤続年数が長くないケースや役職についていない場合にはボーナスが支給されないこともあります。

そのため、音楽療法士として働く場合には、ボーナスは期待できないということを理解しておくことが必要です。

音楽療法士の昇給事情

フリーランスで働くことの多い音楽療法士は、勤続年数によって収入が決まるわけではありません。

自分の実力の結果として、報酬を得ることが可能です。

そのため、営業活動をして顧客を獲得していくことによって徐々に仕事が軌道にのるようになり、給料が稼げるようになっていきます。

もちろん、はじめはわずかな収入しかもらえず、生活が苦しくなることもあります。

しかし、昨今では介護施設をはじめ、音楽療法士に対する需要は着実に増えており、今後は徐々に給与額も改善される可能性も大きいです。

音楽療法士の年齢で考える年収推移シミュレーション

音楽療法士は、完全に実力によって年収が決まります。

一般に、音楽療法士になったばかりの頃は顧客がだれもいないところからなので、収入はゼロからのスタートです。

営業活動などを続けることで徐々に報酬を得られるようになり、年収200万円程度になります。

個人差はありますが、20代後半に250万円程度の給与が得られるようになれば仕事も軌道にのってきます。

30代となって年収が300万円程度になれば御の字です。

その後も自分の実力次第で年収は変動しますが、高くても年収は400万円程度でとどまることが多くなります。

音楽療法士が年収を少しでもあげるためには、フリーランスで営業を続けていくしかありません。

定期的に仕事を得られるような仕事が獲得できれば、生活を安定させるだけの収入を得ることが可能です。

介護施設や病院など、活躍の場は今後も広がっていくので、音楽療法士としての仕事ができる場所を少しでも今から広げていくことが大切です。