音響技術者の年収は?会社の業績によって年収も変わる

記事の著者:1150122

音響技術者は、コンサートホールやライブハウスなどはもちろん、建物や部屋で音を調整するのが仕事の職業です。

音響技術者は、音響機器メーカー、音響設計会社、建築設計事務所、放送局、音楽制作局など、さまざまなところで働いています。

音響技術者は、会社に所属して働くことが一般的。給与も会社から支給されることになります。

音楽技術者の平均年収

音響技術者の月収は25万円程度、年収は約420万円です。一流のアーティストなどの音楽活動を専属でサポートしている場合には、月収60万円、年収820万程度を稼いている人もいます。

個人の能力や運によって、稼げる月給も変わってくる仕事です。

音楽活動をおこなうコンサートホールやライブハウスなどはもちろん、騒音問題などの解決のためにも音響技術者は必要とされていて、従来よりも仕事の幅は広がっています。

そのため、音響技術者に求められる能力も多様化しています。結果として、その分音響技術者の月収も上がってきており、今後月収アップが見込める仕事です。

音楽技術者のボーナス事情

音響技術者の多くは、会社に所属する会社員です。そのため、会社の業績が好調であればボーナスが支給されます。

会社の業績がとぼしいような場合にはボーナスができないケースもあるので、所属する会社選びも重要です。

ボーナスは基本的に夏・冬の2回、基本給の5ヶ月程度出ることが一般的。

年間を通じて、70万円程度のボーナスが支給されると考えることができます。

アーティストの活動に専属でついている音響技術者は、コンサートが開催されたり、新曲などの発売に合わせてボーナスが出る可能性もあります。

音楽技術者の昇給事情

音響技術者の昇給事情は、会社の内規に依存します。

ほとんどの場合、会社員と同じように勤続年数が長くなるにつれて徐々に給料が上がっていきます。

ただし、従業員の多い会社でない限り、給与が体系化されているとは言い難いので、会社の状況によって給料が変動することも多いです。

勤続年数が長くなるにつれて責任者として働くケースもあり、その場合には手当が出るようになるので、給料もたかくなります。

音楽技術者の年齢で考える年収推移シミュレーション

音響技術者は新卒の場合、400万円程度の年収となることが多いです。これは、一般的な会社員と同等の水準。

その後20代後半となると、430万円程度まで給料は伸びますが、30代では450万円程度とどまり頭打ちとなります。

その後、40代になると責任者となることも多いことから、その分の手当てがつくようになって年収は500万円程度となります。

50代から定年までは、同水準の年収で働くことになるのが一般的です。

音響技術者が年収を少しでもあげるためには、若いうちから経験をたくさん積んで、有名アーティストと少しでも関わる仕事をこなしていくことです。

そうすれば、仕事の質が高いことが周りにも認められるようになり、ほかのアーティストからも注目されるようになります。アーティストとのコネクション作りを大切にしていくことで、仕事が増え、徐々に年収が伸びていくことが多いです。