会計士の年収は?アドバイザリー業務は高給与

記事の著者:1150122

会計士は、会社が公表している財務諸表が適切なものかどうかを監査する仕事です。

難易度の高い国家資格のため、年収も非常に高い職業。公認会計士試験に合格するまでには、2年程度の継続的な勉強が必要になります。

しかし、国家資格をとって会計士となれば、年を重ねるにつれ安定的に給与が高くなる仕事です。

会計士の平均年収は?

公認会計士の平均月収は45万円程度、年収600万年程度です。公認会計士になったばかりは、それほど高い給与はもらえません。

徐々に会計士としての経験を積んていくことによって、月給も上がっていきます。

公認会計士の仕事は、決算の時期となると多忙。監査対象となっている会社が所有する地方の子会社などに行くこともあるので、移動も多い職業です。

もちろん交通費は支給されます。公認会計士の中でも、パートナーと呼ばれる職位となると、監査法人の経営者と同じ立場になるので給与額も高くなります。

会計士のボーナス事情

公認会計士も会社員と同じように、会社に雇われていることになるので、年に2回(夏・冬)ボーナスが支給されます。

ボーナスの支給額は月給の4ヶ月分程度です。そのため、およそ120万円程度のボーナス支給額となります。

監査法人は会社とは違って営利企業ではないので、業績が大幅に悪化するなどのことがなく、安定的にボーナスを受け取ることができるのが魅力の1つです。

月給が上がるごとに、ボーナスの額も上がっていくようになります。

会計士の昇給事情

公認会計士になるためには公認会計士試験に合格した後、公認会計士補として1年間実務経験が必須。その期間は、それほど高い給与はもらえません。

その後公認会計士となると、給料が上がっていきます。公認会計士となったあと、徐々に勤続年数にしたがって給料が上がっていく制度です。

公認会計士として活躍するようになると、監査法人ではパートナーという役割を担うようになることがあります。

これは、監査法人の経営にたずさわる立場になるということです。そうなるとまた給料の額は上がります。

会計士の年齢で考える年収推移シミュレーション

公認会計士としての初任給は、公認会計士として働きはじめるか、公認会計士補として働きはじめるかによって異なります。

会計士補として働く場合、給料はそれほど高くはなく、350万円程度からのスタートです。

公認会計士として働く場合、450万円程度からのスタートとなります。その後、20代後半になると500万円程度の年収となり、30代では550万円程度の年収となります。

40代となると監査のときの責任者になることもあり、その分年収も高くなり650万円程度です。

50代には、その年収が700万円近くとなります。定年時には、800万円程度の年収となるのが一般的です。

公認会計士はすでに年収の高い職業ですが、アドバイザリー業務をおこなうとさらに高給与となります。

監査法人では監査とアドバイザリー業務をおこなっていますが、同時に提供することは法律で禁止されているので、どちらの業務をおこなうか選択することが必要です。

そのときに、アドバイザリー業務を選ぶと給与が高くなります。