救急隊員の年収は?資格取得をすることで、キャリアアップを目指せる

記事の著者:757836

救急隊員とは救急車に乗り込む隊員のことで、救急救命士と同じように事故や災害時などのさい、現場へと駆けつけ要救助者に処置を施す人のことを指します。

救急救命士との違いは、可能な処置の範囲。基本的に、救急隊員は人を助けることがメインで、医療処置などはおこなえません。しかし、救急救命士は救出作業と共に、応急処置を施すことができます。

災害の多い日本では欠かせない職業である救急隊員。気になる収入面について紹介します。

救急隊員の平均年収

救急隊員の平均月給は約40万円、年収はおよそ480万円になります。一般企業と比べても比較的平均的な数字といえるでしょう。

実際の職務は、事故等の現場へと駆けつけ、人命救助をおこなうことです。ただし厳密には救急隊員は、特定行為という処置はおこなえません。特定行為とは医療行為の一種で、これができるのは救急救命士。

救命士にはまた特別な資格が必要となり、この資格のない救急隊員は補助や搬送の際に必要な人員として確保されます。

救命士になるには国家資格の取得が必要ですが、救急隊員は消防学校にて研修をすれば資格を必要とせずなることが可能です。最初のハードルは救急救命士に比べると低くなりますが、過酷な現場へと急行し人命救助に当たるという点では、どちらも重要な職業といえます。

また救命士は救命士法に、救急隊員は消防法により規定されているなどの違いもあり、名前や同じ場所で働きながらも根本から違うといった特徴があります。

救命士と比べると月給も多少下がりはするものの、同じようにハードな現場での活動を余儀なくされるので忍耐強さが必要です。

ボーナス事情

救急隊員の平均ボーナスは約140万円。業務形態により手当がプラスされることもあるので、一概にこの額だけとはいいきれません。在籍している場所、地域等でも差がありますが、働き方によってはある程度のボーナスを期待できるともいえるでしょう。

働きはじめから100万円を超えることは難しいかもしれませんが、働きに応じてしっかりと上がっていきます。常に冷静な判断をし、率先して行動していける力が求められます。

ハードな勤務を要求されますが、長い活動を経て資格を取ることでさらにキャリアアップすることも見込めます。

救急隊員の昇給事情

一般企業同様に、救急隊員も年を経ていけば収入は上がっていきます。ただし現場でのハードな仕事など、体力が物を言う世界でもあり50代前半までがピークといえそうです。

救急隊員として長く働くだけでなく、資格を取得しての救命士など上を目指しての活動も視野に入れるとしっかりと昇給を狙えるはずです。

救命士への資格の取得のためには長い活動時間と研修が必要となりますが、特定行為などできることも増えるので収入に加えてやりがいもまたグンと増すことになるでしょう。

年齢で考える年収推移のシミュレーション

救急隊員が実際にどれほどの年収を貰っているのか、その一例として年収の推移を表してみました。以下がその推移シミュレーションとなっています。

・20~29歳 約300万円~430万円
・30~39歳 約370万円~540万円
・40~49歳 約480万円~670万円
・50~59歳 約610万円~720万円
・60~65歳 約400万円~490万円

20代の頃に比べるとピーク時の月給は約2倍。長く続ければそれだけ昇給は見込めますが、あくまでも平均となるこの推移ではピーク時に至っても月給50万円を超えるのは難しいようです。

しかしそんな中でも業務はハードなのは変わりません。基本的に勤務は24時間交代制、その間に要請があれば駆けつけ、そのための救急車の整備も忘れません。

意外に多いのがそんな状況での勉強や研修です。ハードな勤務をこなしながらさらに活躍、資格の取得、人命救助のために日々頭と身体を動かし続けています。