キャリア・コンサルタントの年収は?活躍できる範囲が広いため、年収も多様化

記事の著者:757836

仕事への適正・興味・スキルなどを見て、その人にあったキャリアを形作ることが主な仕事となるキャリア・コンサルタント。

2016年からは国家資格として改めて専門性を発揮する職種となり、これからの自身のキャリアを探索していく人にとっては大きな存在となっています。

国家資格ともなったこのキャリア・コンサルタントの年収は一体いくらなのでしょうか?

キャリア・コンサルタントの平均年収

キャリア・コンサルタントの平均月給は約20万円。年収にすると約300万円~となっており、いわゆるサラリーマンなどに比べると少々低い数字となっています。

そこまで年収が高くない要因として、働く場所がまず第一にあげられます。企業の大小で収入面も大きく変動することが多く、また企業内の人事部として働くのか、派遣会社のコーディネーターとして働くのかで、大きく就任が変わってきます。キャリア・コンサルタントと、一言で言っても働く場所は非常に幅広くなっているのです。

また企業に勤めるだけでなく、独立して活動している人も少なからず存在し、そういった人達の中には年収1、000万円を超える方が出てきているのも事実。

国家資格が必要となり、敷居が高く感じてしまいますが、実は必ずしも正社員でなければいけないということもなく、パートとして働く方も非常に多い職種です。そのため月給・年収は幅が広く、平均値を出した際にはこうした数字となってしまうのです。

キャリア・コンサルタントのボーナス事情

正社員、非正規社員といくつもの働き方ができるキャリア・コンサルタントですが、正社員として働けば相応のボーナスを受け取ることができます。

ボーナスの平均は約90万円。初めは約70万円という額からスタートし、40代に入ると100万円を超える額を受け取ることも可能です。

国家資格として存在し専門的な分野として働く以上、働き方によってボーナスもまた差が発生しますが、キャリアの形成を上手く促すことができれば自ずと数字も上がっていきます。

キャリア・コンサルタントの昇給事情

20万円程度からスタートするキャリア・コンサルタントの月給は、その後緩やかに上昇していきます。30代、40代と経験を積めば収入面は幾分か増していきますが、その数字は実はそこまでのものではありません。

年代別ではおよそ1万円ずつの上昇、50代に差し掛かっても平均で月給30万円に届くことは、ほぼ難しいとされています。

もともとの収入面であまり大きな期待のできないキャリア・コンサルタントという仕事ですが、反面公的機関、大企業といった場所ならば大きな数字を期待できます。場合によっては年収1,000万円にも達するかもしれません。

年齢で考える年収推移のシミュレーション

では20代から60代までのキャリア・コンサルタントの年収推移を紹介します。

・20~29歳 約240万円~280万円
・30~39歳 約230万円~340万円
・40~49歳 約260万円~430万円
・50~59歳 約350万円~450万円
・60~65歳 約210万円~450万円

基本的には一般企業と同じように年齢につれ収入面も増加します。ただし20代前半といった若年層が、ある程度の収入を期待できるケースもあり少々特徴的でもあります。

また地域別でも大きく差が出ており、東京、大阪、愛知といった都市部では全国平均よりもやや増加。その背景には働き口の多さや人口の多さが要因としてあがり、働く人の多い場所では必然的にキャリア・コンサルタントとしての仕事も増えることになるようです。

大きな企業に勤めるか、小さな企業でパートとして働くか、はたまたフリーランスという道もあるキャリア・コンサルタント。資格は必要となりますが、それがあれば様々な働き方ができる職種といえるでしょう。