キャラクターデザイナーの年収は?キャラクターのヒットによって、年収が大きく変わる

記事の著者:757836

アニメやゲームで見られるキャラクターはもちろん、現在では一般企業からも多くのキャラクターが生み出されています。そんな日本に溢れる膨大な数のキャラクターを生み出しているのがキャラクターデザイナーです。

長く愛される存在を生み出す神秘的な職業ともいえますが、その実態は必ずしも輝かしいものではありません。

キャラクターの活躍を影で支え続けるキャラクターデザイナーの年収を紹介します。

キャラクターデザイナーの平均年収

キャラクターデザイナーの平均月給は約30万円。平均的な年収は300万円~450万円ほどと言われており、一般企業よりも低くなることも少なくありません。

自分の腕や携わった作品の売れ行きに左右されることも多く、1つでも爆発的なヒットを飛ばしたキャラクターがいれば一気に収入は跳ね上がります。

一方で、中々そうしたキャラクターの創造に繋がらなかったり、携わった作品がヒットしなければ、自ずと厳しい現実を突きつけられることとなります。

また作品やキャラクター以外にも自身にある程度のスキルが必要となり、誰しもができる職業とはいきません。デザインスキルを、専門学校や大学等で学ぶ人がほとんどで、まずは自分の腕を磨き自分の力量を上げていくことが求められます。

キャラクターデザイナーのボーナス事情

自身でデザインしたキャラクターが当たれば当然ボーナスも跳ね上がりますが、基本的には一般企業と比べるとやや低い数字が表れているボーナス。20代では約60万円、最も高くなるであろう50代でも100万円を少し超える程度の額となりそうです。

大きな会社に入るほどその額も大きくなりますが、やはり大きなボーナスを期待するのならヒットするキャラクターを生み出すことです。

もちろん一筋縄ではいきませんが、もしもそういったキャラクターのデザインに成功すればボーナス以上の大きな存在を手にすることになるでしょう。

キャラクターデザイナーの昇給事情

生み出すキャラクターによってその人のキャラクターデザイナー人生も大きく左右されますが、やはり会社の大きさに左右される部分も確かにあります。大きな会社ほど収入に期待できる部分も大きく、小さなところでは月給30万円にも満たない会社も多く存在しています。

もちろん驚くほどの活躍をしている方も確かにいますが、年収800万円へと到達しているデザイナーはこの業界ではほんの一握り。夢のある職業ですが、それ以上に厳しい面があることも忘れてはいけません。

年齢で考える年収推移のシミュレーション

平均的なキャラクターデザイナーの年収の推移を紹介していきます。

・20~29歳 約200万円~250万円
・30~39歳 約280万円~320万円
・40~49歳 約340万円~360万円
・50~59歳 約370万円~400万円
・60~65歳 約270万円~300万円

国内の平均年収より多少下回ってしまっており、キャラクターデザイナーの厳しさが分かります。当然仕事自体も簡単なわけではなく、いかに世間に愛されるキャラクターを作り出せるか、人の目を引くキャラクターを作り出せるが、その人自身の腕が光る職業となっています。

厳しさが如実に現れてしまいますが、反面やりがいもまたはっきりと現れます。一度注目を集めることができればその後も続々と仕事が舞い込んでくることも考えられ、軌道に乗れば憧れに1歩も2歩も近づくのではないでしょうか。