製菓衛生師から転職したい。食品業界やホテル業界がおすすめ

記事の著者:1272687

製菓衛生師とはパティシエやパン職人のブーランジェなどを総称した呼び名であり国家資格を要する衛生管理のスペシャリストでもあります。製菓衛生師の資格は、パティシエやブーランジェの仕事に従事する大半の者は所持している国家資格であり都道府県に登録が必要です。

洋菓子やパンを作る職人に憧れてこの業界に飛び込んだ人も多いかと思いますが、実際には休日も少なく時間も不規則で1日の労働時間も長いため体力的にも非常にハードな仕事です。

製菓衛生師は夢があり若者にも人気の仕事ですが、転職を考える人も多く、お菓子作りに情熱がないと継続することの難しい職業だといえます。

今回は、製菓衛生師から転職をしようと思ったきっかけやおすすめの転職先をなどを紹介します。

製菓衛生師から転職をしようと思ったきっかけ

勤務体制や休日

製菓衛生師の国家資格を所持している人は、管理者という立場からも長時間勤務は避けることができません。

大きい企業であればシフト制が組まれているため拘束時間もその分短くなりますが、それでも勤務時間はほかの一般企業と比較しても長く、12月などの繁忙期では休日を取得するのは難しい状況になるでしょう。

小規模な会社では1人が受け持つ作業の量も大きくなるため、おのずと長時間勤務となり肉体的な負担も重くなります。

製菓衛生師の年収

パティシエやブーランジェの年収を見ると中小企業では、製菓学校の新卒者の場合年収200万円程度からスタートし20代~30歳代になると250~350万円程度です。小規模な会社では、社会保険が完備でない場合も多いため不満に感じるでしょう。

新人は覚えることも多岐に渡り、仕事の内容に対して賃金が見合わないという理由から転職を決意するきっかけにもなります。

製菓衛生師におすすめの転職先

食品メーカー

食品メーカーの業界では1年を通して新商品の開発に取り組んでいるため、製菓衛生師の経験を活かしてスイーツやパンなどの新商品の企画から試作まで手掛ける商品開発事業の仕事もおすすめです。

ホテル業界

パティシエやブーランジェのスキルを活かして、ホテルでスイーツやパンの提供をするのも良いでしょう。

結婚式場を備えるホテルでは、披露宴に欠かせないウェディングケーキをつくったりと活躍の場も広がります。

転職する前に考えておくこと

まずは今の仕事をなぜ辞めたいのか理由を明確化し、自分の努力で改善することが可能なのか冷静に考えてみましょう。

転職をする場合には、今働いている職場のどこに不満のあるのかを洗い出してみて同じ失敗を繰り返さないように心がけてみることが必要です。

違う業界に転職しても、製菓衛生師の経験と技術を必要としてくれる企業が必ずあるので、ステップアップできる転職を目指していきましょう。

まずは転職サイトで可能性を

製菓衛生師から転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。