ゲームシナリオライターをやめたい・転職したい。他の仕事も兼任させられることが多い

記事の著者:2247711

ゲームシナリオライターとは、ゲームのシナリオや、その構成を作成する仕事です。ゲームのシナリオが売上に左右することもあります。

そのように重要なポジションで活躍するということは、ゲームをつくり上げる喜び以上に多くの苦労や苦悩もあり、転職に至る人もいるようです。

ロールプレイングゲームのようなストーリー要素の強いゲームでヒット作を作ることができれば、仕事に対するやりがいも収入も上がっていきますが、そうでないとやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

今回は、ゲームシナリオライターからの転職事情についてみていきます。

ゲームシナリオライターをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

ゲーム業界全体にいえることですが、納期前や繁忙期、仕様を変更しなければならないトラブルが引き起こった場合は、長時間の残業や休日出勤等も増加するため、波があるとはいえ、労働時間の長さに耐え兼ねて転職を決意する人は多いようです。

またシナリオライター専任の人は意外と少なく、会社によっては、プランナーやディレクターなどの役割を兼任している場合も多くあります。

シナリオライターの仕事内容に憧れて就職した場合、その仕事内容とのギャップが大きく、転職を考えるきっかけになることもあるのです。

まずは勤務先を変えてみるのがいいかも

ゲームシナリオライターになる多くの人は、専門学校に通い、この道一筋で歩んできた人が多いはず。ここにくるまでの道のりは決して楽なものではなかったでしょう。ゲームシナリオライターをやめたい場合でも、勤務先を移動すれば、悩みが大きく改善されることもあります。

忙しさについても、対応するクライアントによって多少変化はあるでしょう。また仕事内容についても転職することで改善される可能性は高いです。厚生労働省が2015年に発表した「転職者実態調査」の結果では、約53.3%が「新しい職場に満足」と答えています。

まずは勤務先を変えてみることで不満を解消し、気分をリセットして働き始めて見るのがいいことかもしれません。ゲームシナリオライターの仕事探すなら、転職サイトのマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントに登録する(無料)

ゲームシナリオライターにおすすめの転職先

ゲームシナリオライターからの転職には、自分の強みである文章力や今まで培った忍耐力を活かせる仕事がおすすめです。どのような職業があるでしょうか。

記者・ライター

文字を書くという仕事を続けていきたいのであれば、記者やライターになることがおすすめです。

記者・ライターは、新聞記者・求人広告ライター・生活情報誌の記事企画・専門誌の記者など多種多様な業界で活躍しています。

とくにおすすめなのは、求人広告ライターです。昨今ではさまざまな企業で人材が不足しており、企業の採用活動の手助けをする求人広告会社の売上が好調です。それにともない、求人広告会社自体の求人が増加していることも魅力の1つです。

業務の幅が広いゲームシナリオライターとしての経験を活かして、実際に現場に行って取材をするのは新しい体験になることが多く、自分のスキルを活かしつつ新鮮な気持ちで仕事に望めるでしょう。

教員・講師

ゲームシナリオライターはひとつのゲームの制作に対して何年もかかる場合があります。終わりの見えない作業に対して、忍耐強く取り組む姿勢が求められます。

そのような忍耐強さに自信がある人は、教員・講師など、人に対して何かを教える・伝える仕事もおすすめです。何かを教えるということに関しては、分からない相手が理解してくれるまで熱心に伝え続ける力が要求されます。

ある程度キャリアを積んでいる場合は、ゲーム関連の専門学校講師などもおすすめです。

ゲームシナリオライターをやめる・転職する前に考えておくこと

ゲームシナリオライターは文章を扱う職種であるため、転職しようと思えばキャリア次第でいくらでも歓迎してくれる職場はあります。

ただ転職先を今回のように「好き」だけで選ぶと、嫌だと思ったときの反動が大きいです。

「好き」だけではなく、社会の役に立つかどうか、新たにつける知識が自身の生活の役に立ちそうかなどさまざまな観点から業界を選ぶことも転職活動を始める前に考えるべきかも知れません。

転職を決意した場合やめるべきタイミングとしては、自身が関わっているゲームが落ち着き、後任の方に引き継ぎしやすいときが適切でしょう。

フリーランスの場合は契約終了のタイミングでやめることができますが、企業に所属している場合は直接上司に退職の意思を伝えましょう。

ゲームシナリオライターからの転職を考えているなら

ゲームシナリオライターからの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。