ゲームクリエイターをやめたい・転職したい。ライフワークバランス重視の転職先が人気

記事の著者:2247711

ゲームクリエイターとは、広い意味ではゲーム制作に関わるすべての人を指し示すこともありますが、ここではプランナーの立場の方の転職について紹介します。

ゲームクリエイターはゲーム企画者といわれることもあり、ゲームの概要・主旨を1から考え、会社や取引先に提案する職業です。

しかしいわゆるゲームに関する「何でも屋」のような立場でもあり、苦労が多い職業でもあります。その結果、転職を考えるゲームクリエイターは少なくありません。

ゲームクリエイターから、転職をしたいと思ったきっかけ

ゲームに関する「何でも屋」のような立場であるため、新しいゲーム立案からデザイン・プログラミング・シナリオ等、幅広くさまざまな知識を持ち合わせていなければなりません。

またゲーム業界では求められることが多い、新しい情報を収集する能力もやはり必要であり、労働時間は長いです。

「何でも屋」であるが故に、ハードワークになってしまいます。そのような生活が続くと心身ともに疲れてしまい、ワークライフバランスを考える余裕もなくなってしまいます。結果、転職を考える人が増えていくのです。

やめるべきタイミングとしては、自身が立案したゲームが完成した後が望ましいといえます。上司に直接、退職の意思と希望のタイミングを伝えましょう。

ゲームクリエイターにおすすめの転職先

プログラマー・エンジニア

プログラミングの知識が深い人は、そのままプログラマーに転職することもおすすめです。コツコツと作成をすればいいので、今までよりも自分のペースで働くことができるでしょう。

プログラミング知識に自信がない場合でも、プログラマーは未経験でも採用をおこなっている企業は最近多いため、転職先に困ることはないでしょう。

ただしエンジニアほうが、幅広く業務をこなしているゲームクリエイターには適性があるかもしれません。

まずはプログラマーとして集中してプログラミングの知識をさらに深め、エンジニアにキャリアアップすることも選択肢の1つでしょう。

商社営業

立案したゲーム企画について提案するプレゼン力に自信がある人は、商社の営業がおすすめです。自社が扱う商材をプレゼンし、販路や卸先を広げていくことが商社営業の仕事です。

商社というと、三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事などのような、規模の大きい総合商社を思い浮かべるかもしれません。しかし専門商社という、売上を占める比率が50%以上の商材・サービスがある企業も多くあります。

扱う商材・サービスには、繊維や食材・鉄鋼・部品・情報・電気など多種多様です。専門商社では、扱う商材・サービスに対しての深い知識が求められ、そのうえで高いプレゼン力が必要になります。

プレゼン能力はそのまま売上に直結しており、営業活動をするうえで必須の能力です。自らの成果が数字として明確に表れ、評価されることを望む人にも大変おすすめです。

ゲームクリエイターをやめる・転職する前に考えておくこと

「何でも屋」をこなしてきたゲームクリエイターは、体力もあり、興味をもつ仕事が多く、能力が高い人が多いと思います。ただ、ライフワークバランスに重きをおくようであれば、慎重に転職活動を進める必要があります。

社員を大切にしない職場であれば、「何でも屋」であった経歴で判断され、激務を任される可能性が高いです。自分自身の興味・関心と同様に休み・残業などの条件や給与など、しっかり確認したうえで冷静に転職活動を進めるべきでしょう。

ゲームクリエイターからの転職を考えているなら

ゲームクリエイターからの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。