転勤願いを出したい!理由、書き方、提出のタイミングを紹介

記事の著者:saitotakuma

地方に飛ばされる転勤の辞令は嫌われますが、都会に戻れる転勤の辞令は待ち遠しいものですね。それが待ちきれなくなったら、転勤願いを書いて、住みやすい土地への転勤を希望していることを会社に伝えましょう。

転勤願いを出す時に記入すべき理由や、転勤願いの書き方、提出するタイミングなどの注意点について、気になることをまとめていきます。転勤を希望している人はぜひチェックしてみてください。

転勤願いを出す時に書くべき理由

転勤は基本的には企業が社員に命じるものです。しかし、社員の中には転勤を望み、自分から企業に転勤願いを出す人もいます。

しかし、「現在の勤務地から離れたい」のが本音だとしても、それをストレートに書いてしまうと会社から承認を得ることは難しくなります。

転勤の希望を通すためには、建前として会社に認められやすい転勤理由を書く必要があります。転勤願いを出したいと思う人は、どのような理由を掛けばいいのでしょうか。

人間関係の悪化

「上司や同僚と合わない」ということを理由に、転勤の希望を出しましょう。会社では様々な人と協力して業務をおこなっていかなくてはなりません。そのため、ただ単に人間関係が悪いことを理由にしても転勤はできません。

しかし、近年の会社はハラスメントの告発などには敏感です。上司や同僚など、特定の誰かから嫌がらせを受けているという体で、深刻なトーンで会社に相談を持ちかけると、希望が通りやすくなります。

仕事のモチベーションの向上のため

全国転勤のある会社は転勤がありますが、どの程度のスパンで転勤となるかどうかは企業にしか分かりません。中にはなかなか自分に転勤の話が回ってこないということもあります。

そのような環境を逆に利用して、同じメンバー、同じ業務の毎日で刺激がなくなったから、自分のキャリアをアップさせるためにそろそろ今の職場を卒業させてほしいと訴えましょう。

このように前向きな理由での転勤願いは、企業も受け入れやすいです。

転勤願いの書き方

会社によっては、転勤願いの書式がある場合があります。まずは同僚や上司に確認してみるといいでしょう。書式がある場合は、勤めている会社の書式に添って書いていきます。もし書式がない場合は、以下の内容をを書くようにして下さい。

・提出する人(上司の名前など)の名前 
・自分の働いている職場や部署、氏名を記入
・どのくらいの期間今の職場で働ているか
・希望する転勤先があれば記入
・転勤したい時期に希望があれば記入
・転勤を希望する理由

上司の名前は〇〇殿と書くといいでしょう。転勤を希望する理由が一番大切になります。

先述したように、この理由にはマイナスのことは書かないことが望ましいです。前向きな理由をできるだけ具体的に記入するとよいでしょう。例えば、新たなキャリアへの熱意や、転勤によって会社に貢献できるという姿勢を伝えましょう。

また、家族の事情など明確な理由がある場合は、具体的に書いたほうが上司は納得しやすいです。

提出のタイミングは1ヶ月前まで

転勤願いは直属の上司に出すのが基本です。いきなり偉い人に渡すのはNGなので気を付けて下さい。上司を通して上の人に話してもらわなければなりません。電話やメールで伝えるのもNGです。

上司に話す時は、同僚がいない二人きりのシチュエーションでがベストです。仕事中に話すのもNGです。仕事が終わって少し時間を作ってもらうようにするといいでしょう。もしくは定期的な個人面談の時間を利用しても問題ありません。

提出するタイミングですが、遅くても転勤したいと思っている1ヵ月前までが期限です。決済時期、繁盛期は避けたほうが無難です。

可能であれば人事異動が出される前に提出するのがおすすめです。人事異動が出される前に提出すると希望通りにはいかないかもしれませんが、転勤できる可能性は高くなるでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。