無職から正社員になるには?社会適応能力がどれだけあるか、アピールできることが大切

記事の著者:2296565

現在の日本には、55歳以下の無職の人は121万人いるといわれています。年齢別にみると、20代でおよそ11万人、30代でおよそ19万人、40代ではおよそ26万人という数字になっています。

無職になるケースはさまざまです。自分の病気や親の介護、将来の夢のために働いていない人もいるでしょう。しかし正社員になることで、安定した収入を得ることができ、健康保険・厚生年金保険・雇用保険などにも加入できるようになります。

総務省によると2017年の正規の職員・従業員は、前年に比べ56万人増加しているというデータもあります。このように最近では、正社員雇用に向けて、行動を起こす非正規雇用者が増えているのです。もちろん、無職から正社員になるのは簡単なことではありません。そこで今回は、無職から正社員になる方法を紹介します。

無職から正社員になるには?

無職から正社員へなるルートはいくつかありますが、求人表を見て応募するのが一般的。またハローワークや労働支援団体が主催する就職説明会に参加してみるのも1つの手段でしょう。

また自分の強み・弱みを理解したうえで、転職活動を始めることが大切。そこで状況別に、無職から正社員になる方法を紹介します。

無職期間が長い、資格・経験がほとんどない人

同じ無職であっても働いていない期間が長く、アピールできる資格や経験がない場合、就職活動は困難になります。とくに20代以降の転職では、企業も何かしらのスキルを求めていることがほとんど。書類選考で落とされてしまうことも、多いかもしれません。

しかし現在の求人倍率は1.88倍。中小企業では過去最高の9.91倍にもなっています。そのため最近の企業は採用が困難になっているということです。こうした市場環境のため、無職から正社員になれる可能性は今後高くなっていくでしょう。

なかなか採用されない場合は、資格取得を目指して見るのも1つの方法です。ハローワークや労働支援団体では、おすすめの資格を紹介してくれるので、支援サービスもうまく活用していくのがいいでしょう。

過去に職歴・資格を保持している人

過去に職歴がある人や、何かしらの資格を保持している人は、比較的就活もうまくいくでしょう。無職であっても、職務経歴書や履歴書の内容に十分なアピールポイントがあれば、問題なく正社員になることはできます。

しかし必ず面接で「なぜ今まで無職だったのか」を聞かれるはずです。ここであなたの人間性・社会適応能力が見られるため、しっかり受け答えできることが大切です。

無職の人が、転職活動中に気をつけること

無職というだけで、企業側からの評価はいいものではありません。そのため、どれだけ自分に社会適応能力があるのか、しっかりアピールすることが大切です。正社員雇用されることに焦らず、しっかり自分にあった会社を見つけていきましょう。

ビジネスマナーをしっかり身につけてから、就職活動をすること

社会経験が乏しい人は、話し方や身振り、行動で、すぐにわかります。たくさんの人を見てきた人事にはすぐにバレるでしょう。それほどビジネスマナーに差があることを、まずは理解しておきましょう。

年齢が若いうちならともかく、30代を超えているにも関わらず、ビジネスマナーの知識が乏しいと判断されてしまうと、そこで落とされることもあります。読書をしたり、知り合いに話を聞いたりして、基本的なビジネスマナーは身につけてから就職活動を始めましょう。

自分の活かせるスキルをアピールできるようにしておくこと

資格を保持していない場合でも、企業が自分に内定を出すメリットは、履歴書・面接でしっかりアピールできるように準備をしておきましょう。そのためには、自分のスキルアップはもちろん、企業についてしっかり知っておくことも大切です。

正社員雇用に焦りすぎて、企業を見誤らないこと

正社員雇用に焦りすぎて、ブラック企業に入社してしまう人は少なくなりません。あまりにも厳しい条件を出された場合は、勇気を出して断りましょう。

たとえ正社員で入社しても、ブラックな仕事に耐えられず数ヶ月で退社をしてしまっては、次の就活がさらに困難になります。あくまでも正当に雇ってくれる会社を見極めて入社することが大切です。

転職活動中は、職探しをメインにすること

正社員雇用される前にアルバイトを始めようと考える人は多いでしょう。もちろんあらかじめ社会の中で働いてみることは非常に重要なことです。

しかしバイトを詰め込みすぎ、転職活動の時間が無くなってしまっては、元も子もありません。まずは次の就職先を見つけることに専念することが大切でしょう。

無職におすすめの職種

無職におすすめの職種は、飲食業界・配送業界・美容業界。この3つの業界は、人手不足が深刻なうえ、未経験でも求人募集をおこなっていることが多いためです。転職サイトやハローワークで、この業界をメインに職探しをすることで、効率的にいい会社が見つかるはずです。

ただし基本的には、過去の職歴・経験を活かせる職種のほうが内定をもらいやすいでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

正社員雇用を考えている人は、転職サイトに登録してみましょう。転職サイトのなかでもおすすめなのは、DYM就職。

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーターに特化したエージェントです。専門的なノウハウがあることに加え、面接・筆記試験免除の求人も多く扱っているため、DYM就職の就職率は96%。またキャリアアドバイザーからのカウンセリング・面接練習・履歴書添削も、しっかり丁寧に受けることができます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

DYM就職に登録する(無料)