転勤の辞令が出るタイミングと対処法:3~4年目に出されやすい

記事の著者:saitotakuma

転勤の辞令が出されるタイミングはいつなのでしょうか。企業によって辞令が出されるタイミングは異なるものではありますが、知っておいて損はないでしょう。

また辞令が出された時にどう対処すればいいのかという対処法も紹介しているので、転勤がある企業で働いているという人はぜひチェックしてみてください。

辞令とは

辞令とは企業が従業員に人事異動や転勤、昇進を命じることです。転勤が言い渡される辞令は、メールや社内報で通知されることが多く、転勤先の最初の出勤日などが記載されているようです。

辞令は会社からの命令のようなものなので、よっぽどの理由がなければ断ることはできません。断ることができた場合でも出世ができなくなったり、最悪解雇になったりすることがあるようです。

会社によってタイミングは違う!?

転勤の辞令は1ヵ月前に出されることが多いです。しかし会社によって辞令が出されるタイミングは異なります。辞令が出される前に口頭で転勤を言い渡されるケースもあり、早ければ2ヵ月前には転勤が分かっているというケースもあるようです。

中にはなんの通達もなく、2週間前にいきなり転勤が言い渡されるというケースもあります。会社によってタイミングは異なるので一概には言えませんが、これまでの辞令が出された時の事例を知っておくと安心です。

辞令が出る時期はいつ多い?

転勤の時期といえば4月に多いイメージがあります。しかし実は一般企業は4月に転勤というのはあまりないようです。きっと4月に転勤のイメージが多いのは学校の先生など公務員の転勤のイメージが強いからでしょう。

一般企業で4月の転勤が少ないのは、新入社員の入社の時期と被るからです。企業が最も忙しい時期なのでその時期にわざわざ辞令は出さないというわけです。

最も転勤が多い時期は7月頃なんだそうです。一般企業は10月から後期に入ります。後期に入る前に人事異動をする企業が多いため転勤が多くなるようです。また10月の後期を迎えるまでの8月~9月に転勤というのも多いんだそうです。

しかしこのタイミングも企業によっては異なります。欠員が出て急に思ってもいなかった時期に転勤というケースもあります。

辞令がでる年別のタイミングはいつ?

辞令が出るのは3年目~4年目が多いそうです。3年目以内での転勤はよっぽどの理由がない限り、ないといえるでしょう。

しかし企業によっては1年経ってすぐに転勤というケースもあるようです。すぐに転勤させる企業もあるので、まだ3年以内だから、といって安心はできないようです。

ちなみに公務員は4年目での転勤が最も多いようです。

転勤が決まった時の対処法

転勤が決まっても辞令が出るまでは会社の人に転勤を伝えてはいけません。すぐに噂が回るので転勤の空気を出すのもNGです。家族に伝えるのはOKなので早く家族に伝えて転勤後どうするのか決める必要があります。

子どもが小さい場合は一家で引っ越す人が多いですが、子どもが学校に行っていたりマイホームを建てたりしていると単身赴任となるケースもあるようです。

辞令が出たら取引先や異動先、お世話になった人へ挨拶をしていきます。メールや電話でもいいですが、可能なら挨拶状を出す方が印象は良いでしょう。

転勤は独身の方が言い渡されるケースが多いです。身軽に移動できるからでしょう。家族がいるとそうはいきません。大変ですが新しく始まる生活をスムーズに始めるためにも頑張っていきましょう。