社長から転職!社長経験者を募集している子会社がおすすめ

記事の著者:1115573

社会人になったら、多くの人が目標として掲げている社長。

会社規模に違いがあるにしても、トップとして会社の方向性を自ら決めて進めていき、たくさんの収入を得ています。

しかし、会社経営がうまくいかず、転職せざる得ないという人も少なくないのが実態です。

社長から転職をしたいと思ったきっかけ

社長が転職を考えるきっかけとしては、業績の悪化が挙げられます。

いくら社長の仕事が楽しくやりがいを感じていたとしても、経営が悪化した場合は、会社を清算し転職することも視野に入れなければなりません。

一方で社長という立場は、自分のことだけでなく、会社、従業員、その家族についても責任を負うことが必要。

自身の経営判断が社員の人生を左右することにつながるので、仕事が辛くても、人間関係がうまくいってなくても、簡単に転職を考えることは難しい立場です。

そのため社長が転職するときは、業績悪化による理由が大半となります。

社長におすすめの転職先

今の時代は企業間のM&Aが活発で、合併後の新社長に外部から社長経験者を招き、就任させるケースが増加傾向です。

それに伴って、社長のようなハイクラス層をターゲットにした人材紹介会社も多く存在していているので、紹介会社への登録が転職成功の鍵を握ります。

これらの紹介会社は、社長案件だけでなく、役員、部長クラスの求人も保有しています。

次に進むべき道として、社長業を選択しなかったとしても、希望に沿った求人を紹介してくれるのが特徴です。

もし、どうしても活動がうまくいかない場合は、社長時代に培った人脈と経験を活かして、再度、事業を立ち上げる道もあります。

これは資金の問題もあり難しいかもしれませんが、社長にこだわりのある人はその熱い気持ちは忘れずに転職活動するようにしてください。

社長が転職する前に考えておくこと

社長としての経験と肩書はそれに見合った高い技術があっても、選考を躊躇してしまうケースが多々あります。

その理由は、扱いにくい、社長を辞めたのなら経営者として従業員を管理できなかったなど、ネガティブに捉えられることも多いからです。

したがって、転職活動をする際には、特になぜ社長職から離れることになったのかは、しっかりと説明できるように準備しておきましょう。

まずは転職サイトで可能性を

社長から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、社長から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)