獣医師から転職したい。獣医師の資格を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1115573

動物が好きな人にとって、憧れの職業でもある獣医師。

毎日かわいい動物と触れ合える、苦しんでいる動物を救うことができるという理想を抱いて就職したものの、現状は想像ほど美しいものではありません。

いざ現場に立つと、交通事故に遭い無残な姿で運ばれてくる光景などを目の当たりにすることになり、見たくはない状況にも対応しなくてはなりません。

今回は、獣医師から転職をしたいと思ったきっかけや転職する前に考えておきたいことなどを紹介していきます。

獣医師を転職をしたいと思ったきっかけ

コツコツと勉強して資格を取ったにも関わらず、動物病院で働く獣医師は2〜3年以内に辞める人が多いといわれています。

苦しんでいる動物の命を救いたくて獣医師になったのに、実際には飼い主の対応に振り回されてばかりいることなど、思い描いていた獣医師としての仕事とギャップがあった場合に転職を考える場合があります。

また、動物の死に直面する機会を受け入れられないことも転職へのきっかけになります。動物を救えないという無力感が大きくなると、病院に行くのが怖くなってしまいます。

このような獣医師特有の理由のほかにも、人間関係がうまくいかないといった一般企業と同じ理由で転職を考える人もいます。

獣医師におすすめの転職先

獣医師を辞めたいと思った理由によっておすすめの転職先は変わってきます。

獣医師の仕事自体に問題があるのではなく職場の人間関係や労働条件を理由とする場合は、勤務先を変えることで悩みが解決されるでしょう。正式に就職する前に体験勤務を申し出てみるのも1つの方法です。

動物の死や苦しむ姿を目の当たりにして耐えれられなくなったのであれば、ドッグトレーナーやペットショップへの転職がおすすめです。ここ最近はペットブームが続いているうえ、ニーズの多様化を受けてさまざまな種類の動物に触れ合うことができます。さらに獣医師の資格が活かされる場面も大いにあります。

そのほかにも獣医師とまったく違う職種に就くことも1つの方法です。もしかしたら、そこで動物と触れ合うような仕事に戻りたいと再認識できるかもしれませんし、キッパリとあきらめがつくかもしれません。いずれにせよ、動物や獣医師と仕事の関係性をはっきりとさせる良い機会になるでしょう。

獣医師から転職する前に考えておくこと

一生懸命勉強した末になることができた獣医師の資格を無駄にしてしまうことは惜しいといえます。本当に辞めたいと思っているなら、もう1度、辞めたい理由についてしっかりと再確認するようにしてください。

獣医師の仕事そのものに不満があるのであれば、思い切って他業界の仕事に転職することも選択肢の1つです。いざとなれば獣医師という逃げ道があると思って、楽な気持ちで転職に臨めるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

獣医師から転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。