プロ野球選手をやめるきっかけ。転職後も野球関係の仕事につく人が多い

記事の著者:1788059

プロ野球選手は、高校・大学・社会人などで実績を積み、実力が認められるとスカウトされます。小さい頃から大好きな野球を職業にすることに憧れる人も多いでしょう。

プロ野球選手は、日本のほかのスポーツ選手よりも収入がよいですが、一見華やかに見えるぶん苦労も多いのが現状です。また、野球に限らずプロスポーツ選手はいつかは必ず引退、転職しなければいけません。

板東英二氏や島尾康史氏はプロ野球選手引退後にタレントや俳優として活躍していることでも有名ですが、彼らのようにメディアで活躍しているのはごく1部。ほかの人たちはいったいどのような仕事をしているのでしょうか。

今回は、プロ野球選手から転職したいと思ったきっかけ、引退後のセカンドキャリアなどについてみていきます。

プロ野球選手から転職したいと思ったきっかけ

怪我・体力面で転職を考える

プロ野球選手は、スカウト・ドラフトなどで入団し、現役でいられる期間は長くありません。平均引退年齢は約29歳とされており、選手の現役年数は約9年といわれています。

その間、怪我で野球を続けることができなくなったり、体力的に限界を感じ転職を考える人は多いです。40代で現役を続けている人は非常に少ない存在です。

結果がすべての世界

プロ野球選手の収入は結果に応じて大きく差が開きます。ほとんどの人が年俸契約ですが、年俸が1000万以上下がる人も多いです。

そのぶん税金なども引かれ生活をするのが大変になるので、給料が安定しないことは転職を考える大きな要因になります。

また、プロの世界は戦力外通告があります。サラリーマンでいう解雇と同じです。やめたくなくても、自分を必要としてくれる球団がなければ、ほかの就職先を探さなければいけません。いつ戦力外通告を受けるかは分からないので、精神的にも重圧を感じる職業でしょう。

プロ野球選手にオススメの転職先

プロ野球選手を引退した人が1番希望する転職先は、野球関係の仕事です。野球関係の仕事は、野球解説者、球団関係者、学校の野球の顧問、野球コーチ、社会人リーグに所属するなどがあります。詳しくみていきましょう。

社会人リーグに所属

プロ野球選手を引退しても、まだ野球を続けたいという人は社会人リーグに所属する人が多いです。プロ野球選手という実績から転職しやすいですが、プロ野球選手に比べて格段に収入が減ります。ほかの仕事をしながら社会人リーグで野球をしている人も多く、この仕事だけでは収入は安定しないのが現状です。

野球解説者

野球解説者はプロ野球選手OBを呼んでいるケースがほとんどです。解説者の仕事をしたいOB選手はたくさんいるので、競争率が高く簡単になれる職業ではありません。

しかし、人を楽しませる話術のスキルに自身がある人や、メディアで活躍していきたいと考えているならおすすめの職業です。

野球のコーチ

人に何かを教えることが得意なら、野球のコーチがおすすめです。コーチの年俸の相場は約1000万円です。

一軍のコーチであれば移動時のスーツなどが支給され、選手との会食や飲み代も領収証で精算できるので、シーズン中の持ち出しはほとんどありません。また、二軍でも試合前の食事は球団持ちになるので、金銭的負担が大きすぎず魅力的な仕事です。

飲食業

プロ野球選手引退後、飲食業を経営する人も多いです。現役時代のコネクションとコミュニケーション力を活かすことができます。

元日本ハムの選手、金石昭人氏は現在寿司屋や鉄板焼き屋などを都内に3店舗経営しています。また、広島カープと千葉ロッテにて投手として活躍した小林敦司氏は現在パティシエに転身し、代官山にておしゃれなカフェを経営。ほかにもたくさんの元プロ野球選手が自分の店の経営者になっています。

飲食店は体力も忍耐力も必要で、プロ野球選手はとても適した職業だといえます。人と協力をして飲食店を作っていくという点でもプロ野球選手と似ている部分があるでしょう。

整体師、リハビリ関連の仕事

プロ野球選手を退職後に勉強をし、リハビリ・整体師のような仕事をする人はけっこう多いです。

現役時代に怪我をした人は、怪我をした人の気持ちがよく分かります。体のケアだけでなく、精神面でも患者のサポートをすることができるでしょう。

リハビリ関連の仕事なら、どうやって怪我を乗り越えるか、怪我を予防する方法など、現役生活で得たものを活かすことができます。

転職サイトならマイナビエージェント

プロ野球選手の引退後、整体師としての転職を考えているならマイナビエージェントに登録しましょう。

マイナビエージェントは国内最大級の実績を持つ転職サイトで、整体師のようなサービス業への転職先も多数あります。

転職の際にキャリアアドバイザーが希望に沿って求人を紹介してくれるので、分で求人を見ているだけでは分からない情報を得ることができ、また転職のプロが自分の市場価値を教えてくれるため、転職活動を効率的に進めることができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

転職する前に考えておくこと

プロ野球選手のセカンドキャリアはとても難しいといわれています。しかし、プロ野球選手は必ず引退するときが来ます。

現役時代は野球以外のことを考えることができないと思う人が多いですが、将来のビジョンを考えておくことは非常に重要です。

現役時代が体力的に限られているプロ野球選手は、野球を続けている年数よりもその後の年数のほうが長いです。プロ野球選手としてのキャリアだけでなくセカンドキャリアでも成功でき人が増えれば、現役選手も希望がもてるでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。