プロ野球選手から転職したい。野球関係の仕事につく人が多い

記事の著者:1788059

プロ野球選手は、高校・大学・社会人などで実績を積み、スカウトされることによりプロ野球選手になります。小さい頃から大好きな野球を職業にすることに憧れる人が多いプロ野球選手。

プロ野球選手は、日本のほかのスポーツ選手よりも収入がよいですが、一見華やかに見える分苦労も多いのが現状です。またプロ野球選手は必ず引退、転職しなければいけません。

板東英二氏や島尾康史氏はプロ野球選手引退後にタレントや俳優として活躍していることでも有名ですが、メディアで活躍しているのはごく1部。ほかの人たちはいったいどのような職業に転職しているのでしょうか。

今回は、プロ野球選手から転職したいと思ったきっかけ、引退後のセカンドキャリアなどについてみていきます。

プロ野球選手から転職したいと思ったきっかけ

怪我・体力面で転職を考える

プロ野球選手は、スカウト・ドラフトなどで入団し、現役でいられる期間は長くありません。平均引退年齢は約29歳とされており、選手の現役年数は約9年といわれています。

その間、怪我で野球を続けることができなくなったり、体力面で転職を考える人は多いです。40代で現役を続けている人はとてもすごいといえます。

結果がすべての世界

プロ野球選手の収入は結果に応じて大きく差が開きます。ほとんどの人が年俸契約ですが、年俸が1000万以上下がる人も多いです。

そのぶん税金なども引かれ生活をするのが大変になるので、給料が安定しないことは転職を考える大きな要因になります。

また、プロの世界は戦力外通告があります。サラリーマンでいう解雇と同じです。辞めたくなくても、自分を必要としてくれる球団がなければ、ほかの就職先を探さなければいけません。いつ戦力外通告を受けるかは分からないので、精神的にも重圧を感じる職業でしょう。

プロ野球選手にオススメの転職先

プロ野球選手を引退した人が1番希望する転職先は、野球関係の仕事に就くことです。野球関係の仕事は、野球解説者、球団関係者、学校の野球の顧問、野球コーチ、社会人リーグに所属するなどがあります。

社会人リーグに所属

プロ野球選手を引退し、まだ野球を続けたいという人は社会人リーグに所属する人が多いです。プロ野球選手という実績から転職しやすいですが、プロ野球選手に比べて格段に収入が減ります。ほかの仕事をしながら社会人リーグで野球をしている人も多いので収入は安定しないのが現状です。

野球解説者

現在、野球解説者はテレビの野球放送も減り需要が少ないのが現状です。また、野球解説者には引退がありませんので、解説者になるのも難しいです。

野球のコーチ、顧問

教員免許が必要なところもあるうえ、人へ教えることが得意であるかどうかも重要になってくるので、成功できるのは一握りです。

整体師、リハビリ関連の仕事

プロ野球選手を退職後に勉強をし、リハビリ・整体師のような仕事をする人が多いです。現役時代に怪我をした人は、怪我をした人の気持ちがよく分かります。どうやって怪我を乗り越えるか、怪我を予防する方法など、現役生活で得たことを活かすことができます。

飲食業

飲食業を経営する人も多いです。現役時代のコネクションとコミュニケーション力を活かすことができます。飲食店は体力も忍耐力も必要で、プロ野球選手はとても適した職業だといえます。

人と協力をして飲食店を作っていくという点でもプロ野球選手と似ている部分があります。

転職する前に考えておくこと

プロ野球選手のセカンドキャリアはとても難しいといわれています。しかし、プロ野球選手は必ず引退するときが来ます。

現役時代は野球以外のことを考えることができないと思う人が多いですが、将来のビジョンを考えておくことは非常に重要です。

プロ野球選手は、野球を続けている年数よりもその後の年数の方が長いです。プロ野球選手としてのキャリアだけでなくセカンドキャリアでも成功できると、現役選手も希望がもてるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

プロ野球選手からの転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートグループが運営しているリクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。