看護師に就職するには?高齢者化に伴い看護師の需要はますます上がる

記事の著者:2316659

看護師になるためには日々の勉強や、実習、そして国家試験を突破しなければなりません。そして就職活動は、どこの病院を選べばいいのか、面接対策はどうしたらよいのか、どういった基準で就職先を決めればいいのかなど、わからないことが多すぎて不安がいっぱいだと思います。

ここではそんな悩める看護学生の不安を解消すべく、看護学生の就活事情や病院選びのポイント、面接対策をご紹介したいと思います。看護学生はもちろん、転職を考えている看護師も参考にしてみてください。

看護学生の就活状況

看護業界の市場

診療報酬改定を受け、看護師の配置により病院が受ける保険診療は大きく変わってきました。どこの病院も看護師の確保に必死な一方で、看護師の離職率はいまだに高いままです。離職理由の大半をしめているのは職場の対人関係や激務などです。

どこの病院も看護師不足を解消するために復職の研修制度の充実や、待遇面の改善などさまざまな対策を打ち出しています。

少子高齢化といわれている近年、高齢者の増加に伴い看護師の需要はますます上がると見込まれています。なかでも近年注目されている就職先は、訪問看護センターや介護施設など地域の福祉施設です。

高齢化社会においてまだまだ介護福祉医師・ヘルパーの人員が足りない介護業界では、専門的知識と技術をもち、急変時に対処できる看護師は非常に重宝されます。

就職先

看護学生の就職先としては、病院が圧倒的に人気です。次いで保健所や大手クリニック、企業、福祉施設、訪問看護施設となります。条件を選びすぎなければ、多職種と比べて内定は獲得しやすいといえます。超売り手市場といわれる看護業界ですが、いずれにしても自分にあった職場を慎重に選ぶことが重要になってきます。

いい企業を見極めるポイント

看護師の就職先は最先端医療の大学病院から企業、町のクリニックなどたくさんの選択肢があります。どの職場を選ぶときにもまず自分の目標をきちんと持ち、それに見合った就職先を選ぶようにしましょう。

例えば、急性期の病院で働きたいと思うなら、大学病院の外科病棟や3次救急病院が候補にあがります。また保健師の資格を持ち、保健指導を展開したいなら、保健センターや保健所で保健師として働くこともできます。

またその候補の中からいい企業を選ぶポイントとしては、自分のこだわりの条件に優先順位をつけ、それを基準に選ぶことです。前述したように企業は看護師獲得のために、それぞれの職場でさまざまな対策を打ち出しています。

看護技術をじっくり学びたいと希望するなら、研修制度や指導体制が充実した施設を選べます。なかには白衣のデザインが選定基準の人もいます。そのようにしていくつか候補を決め、実際に病院見学やインターンシップで内部の様子や職場環境を見学し慎重に選んでいきましょう。

就活をするときのステップ

自己分析を行う

ほかの職業でもいえることですが、自分がどのような看護師になりたいのかについて明確にキャリアプランを描くことが、就活を失敗しないための大切な準備です。

自分がどの分野で看護師として活躍したいのかを考えると、おのずと職場の候補がいくつかあがってきます。内向的な性格で目まぐるしい現場についていける自信がないと思うなら、内科病棟や介護職員などスタッフが多く穏やかに働ける介護施設を探すこともできます。

自己分析をしないままなんとなく就職をすると、予想もしなかった仕事の忙しさや厳しい現場に疲れ、向いていなかったと思い辞めてしまうことにもなりかねません。逆に自分の目標をしっかり持ち続けることで、それが支えになり働き続けることができます。

気になる病院・職場をピックアップする

自己分析をしたら次は病院をいくつかピックアップしていきましょう。病院説明会や実習先の病院、卒業生が多く働いている病院など、まずは身近な場所から見ていきましょう。

病院によってさまざまな特色があります。24時間の救急病院やドクターヘリがある病院もあれば、小児科・がん・内分泌など専門分野に特化している特定機能病院などです。

雇用形態を考える

看護師の働きかたは常勤だけではありません。非常勤、パートや派遣、夜勤専従など職場によっては選べることもできます。育児中の看護師なら夜勤のない日勤のみ、給料をいっぱいもらいたいなら夜勤専従で働く人もいます。

また日勤・夜勤のみの2交代、深夜も加わる3交代の勤務体制があります。2交代は夜勤の時間は長いけれど休みが確保しやすい、3交代はそれぞれの勤務時間が区切られているので働きやすいといった特徴があります。自分のライフスタイルに合った働きかたを選びましょう。

情報収集をする

候補の就職先を見つけたら、さらに詳しく情報収集をしましょう。その中から給与・待遇・福利厚生などこだわりの条件を加味し、候補を絞っていきましょう。また気になることは就職説明会で担当者に聞いたり、直接問い合わせてみてもいいでしょう。就職した先輩など人伝いで情報を集めることも有効です。

見学にいく

ある程度の情報を得たら、実際に見学にいきましょう。職場の雰囲気や現場の忙しさなどを肌で感じることができます。質問事項をあらかじめリストアップしておき、担当者に質問できるように準備をしておきましょう。

実際に職場を見に行くことで、自分が働く姿をイメージしやすくなります。1つの職場だけではなく、いくつも職場を回って比較するのがおすすめです。

実習・インターンシップや病院説明会などの機会を大いに活用し積極的に足を運ぶようにしましょう。

面接対策

事前準備

看護師の就職試験は面接試験で決まるといっても過言ではありません。希望の就職先の内定をもらえるように、面接対策は念入りにしておきましょう。

聞かれる質問事項をあらかじめ想定しておき、それに対する自分の考えを明瞭簡潔に伝えられるように練習をしましょう。ネットや面接対策書に書いてあるような一辺倒な答えだけではなく、自分の人間性を感じ取ってもらえるような素直な言葉で伝えるようにしてください。

また、就職した先輩やすでに同じ病院の面接試験を受けた知り合いからどんな質問や雰囲気だったかを聞くと、より対策がしやすくなります。

当日

また第一印象をよくするために、身だしなみや社会人としてのマナーを守った言動を心掛けてください。待合室で携帯をいじったり、知人としゃべっているところも面接官はしっかりチェックしています。面接会場に足を踏み入れた瞬間から、面接試験は始まっていると思いましょう。

面接試験と聞くとどうしても緊張してしまうと思いますが、緊張していることは面接官もよく理解しています。大切なことは、誠実に自分のことを伝える姿勢です。慌てても、ゆっくりでもいいのでなるべく落ち着いて話すようにしましょう。何回も面接の練習を友人同士でおこなうことで、面接に慣れていき自信をもって本番に挑むことができます。

看護師の面接でアピールしたほうがいいポイント

看護師の仕事は一生勉強することとコミュニケーション能力が求められます。面接官は看護師としての資質が備わっているか、自己研鑽に励む努力が見えるか、対人能力はあるかを重視します。

学校での学びから考えたこと、そしてそれを今後将来にどうつなげようと思っているのかを伝え、未知な領域でも積極的に学ぶことをアピールしましょう。

転職者は前の職場での経験から得た知識や技術を、ここでどのように活かそうと考えていることも伝えましょう。

服装・髪型

黒・紺・グレーなどのダークカラーのスーツを着用し、シャツは白の無地を選びましょう。またスカートの場合は膝丈に調整し、ストッキングを必ずはいてください。女性はパンツスーツでも構いません。

清潔な印象を与えるようなナチュラルメイクで、髪は黒にし長ければ結んでください。

看護師の面接でよく聞かれる質問

志望動機

たくさんある病院・施設の中からどうして自社を選んだかを聞く際に面接者がみていることは、自社のことをきちんと理解しているかどうかです。また医療方針に共感しているか、働きかたはあっているかもチェックされています。

会社のことを詳しく調べ、自分がなぜここで働きたいと思ったのかきちんと伝えられるようにしましょう。また病院見学に参加していたら、そのエピソードも話すことで、わざわざ見に来てくれたんだと思われ、より熱意が伝わります。

実習で印象に残っていることや学んだことがあるか

実習の体験から、学びの姿勢や経験の活かしかたについてどう考えているかを問われます。自分にとって印象深いエピソードがあれば、それを伝えられるようにノートにまとめておき、すぐに答えられるように準備しましょう。

将来どんな看護師になりたいか

将来どのようなキャリアプランを描き、努力をしているのか、面接官は看護師になることへの本気度をみています。また看護師の世界の理解度もチェックされています。実際看護師として働かないと、具体的なことはわからないと思いますが、漠然とした考えでも、自分の言葉で落ち着いて伝えられるようにしましょう。

まずは転職サイトで可能性を

看護師への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。