ディスパッチャーをやめたい・転職したい。不規則な勤務時間がつらい。

記事の著者:1528961

ディスパッチャーは、航空機が安全に目的地へたどり着けるための「フライトプラン」を作るのが仕事で、フライトの安全を管理する重要な職業です。

2018年4月25日のマイナビニュースでは、地上のパイロットとして働くディスパッチャーは、臨機応変な対応が常に求められる職業であることが書かれています。

ディスパッチャーの仕事は責任も大きく、また不規則な勤務時間から転職を考える方も少なくありません。

今回はディスパッチャーをやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介していきます。

ディスパッチャーをやめたい・転職したいと思ったきっかけ

目立たない

ディスパッチャーは空の旅における重要な役回りを任されますが、あくまでも縁の下の力持ちです。責任は重大でありながらも、パイロットやキャビンアテンダントと比べると一般的にはあまり知られていません。

裏方として日々働く中で、仕事のやりがいに物足りなさを感じてしまう方も少なくはないようです。華やかなイメージの強い航空業界に憧れて入った方ほど、ギャップを感じやすいかもしれません。

不規則な生活になる

航空機は毎日朝から晩まで飛んでいるため、それに携わるディスパッチャーは、夜勤や早朝勤務はもちろん土日祝日関係なく働く必要があります。

勤務先によっては日によって勤務時間が異なるといったことも多く、不規則な生活に陥りやすいです。そのため規則的な生活や安定した勤務形態を希望して、ディスパッチャーからの転職を考える方も少なくありません。

ディスパッチャーにおすすめの転職先

キャビンアテンダント

ディスパッチャーとして身近で見ていて、キャビンアテンダントに憧れを感じている方も多いのではないでしょうか。裏方として働くディスパッチャーと比較すると、キャビンアテンダントは乗客の喜びや感謝を直接感じられるというメリットがあります。

キャビンアテンダントになるには、各社の採用試験に合格する必要があり簡単なことではありませんが、空港勤務の経験が活かせるのでおすすめです。

旅行代理店

フライトプランを立てるという仕事は、非常に正確さが求められます。その正確さや計画性を活かた転職先として、旅行代理店がおすすめです。

フライトプランは飛行の予定を立てるものですが、旅行代理店では客と直接やり取りすることができ、また相手の喜びが直に感じられるのでやりがいも感じやすくおすすめの転職先です。

通訳

ディスパッチャーの方は仕事で英語等を使う機会も多く、語学力が強みといえます。そのため、その語学力を活かして通訳に転職することも可能です。

ディスパッチャーをしながら貯金をし、退職後に語学留学をしてから通訳になるという方法もあります。フリーランスで活躍することもできますが、企業の正社員として勤務すると規則的な生活を送ることもできるようになるでしょう。

ディスパッチャーから転職するならマイナビエージェント

ディスパッチャーからの転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

自分で求人を見ているだけでは分からない情報を得ることができ、また転職のプロが自分の市場価値を教えてくれるため、転職活動を効率的に進めることができます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

ディスパッチャーをやめる・転職する前に考えておくこと

ディスパッチャーから転職しようと考えた時、有利になるのは空港での就業経験・語学力・冷静で正確な判断能力です。

ディスパッチャーとして習得したスキルは、様々な職業に役立つものばかりといえます。こういったスキル・経験を活かせるような職業を選ぶと転職しやすいかもしれません。

転職して失敗しないためにも自分が今働く上で何を大切にしているかを分析し、それが改善される職業を見つけてみてください。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。