UIJターンとは?結婚や出産を機に、地元での就職を考える若者は増加中

記事の著者:787369

東京都の発表によると、2017年の東京都の就業者数は768万2千人。東京都以外の就業者数は5,762万人。就業者のうち約12%は東京都で働いていることになります。

最近では都内に出てきて働く若者も増えており、地方振興のため国土交通省もいろいろな施策をおこなっています。その1つがUIJターン。

生まれ育った故郷から都市に移住した人が地元に戻ったり、故郷に近い都心に戻ってきたり、または都心から地方に移住して働く、UIJターンをおこなう人は増えています。都市在住者が田舎の生活に憧れて、地方に移り住み働くことも珍しくありませんし、都心の大学で勉強したのち、地元に帰る人も増えているのです。

2008年のリーマンショック後増え続けているUIJターン。地方への移住問い合わせ件数は2015年で2万1600件。この数字は、2008年のおよそ10倍にもなっています。

このように盛り上がりつつUIJターンですが、検討している人のために、各市町村では受け入れ態勢を整える動きもあります。そこで今回はUIJターンについて詳しく紹介をしていきます。

UIJターンとは

UIJターンとは、Uターン・Iターン・Jターンの略称です。

Uターン

Uターンとは、地方出身の人が、都市に移住し就職をしたあと、地元に帰り仕事をすることをいいます。

都心で働くことに疲れたことを機に、地元に戻るサラリーマンは多いです。また転勤をきっかけに、田舎に本格的移住し、そこで働き続ける人もいます。

Iターン

Iターンは、都市部で生まれ育った人が、地方に移り住み、働くことをいいます。

都会と地方ではライフスタイルが大きく異なります。旅行をきっかけに田舎に魅了され、地方暮らしを始める人もいます。また起業するとき、都会では手に入りにくい経済資源や地価、優遇制度などを求めて地方に移住するケースも増えています。

Jターン

地方出身者が、都市で就職、その後自分の生まれ故郷ではない地方・地方都市で働くことをJターンといいます。

結婚・妊娠・出産を機に、やはりなるべく自分の家族と近いところに住んでいる方が安心できるという理由で、地元近くの地方都市に移住する人は非常に多いです。また都市の利便性は残しつつも、田舎の自然も捨てがたいという人も多く住んでいます。

UIJターンを考えるきっかけとは?

総務省統計局の2016年平均の結果によると、夫婦共働き世帯は6割という結果があります。このような現状もあり、子育てのことを考え、自分の両親が近くにいる田舎へUターン・Jターンする人が増えているのです。

一方であるアンケート結果では、子育てしたい環境として、「子どもと一緒に遊ぶ人や場があること」をあげているのは、男女ともにおよそ半数。都内に住むお母さんも、家の近くに「自然豊かな公園などの遊び場」を求めている声は多いのです。そのため狭い小学校や公園ではなく、田舎でのびのび育ってほしいという願いから、妊娠を機にUIJターンする夫婦は少なくないのです。

UIJターンにおける、各市町村の取り組み

UIJターンの「地方に移住して働く」ことを考える人が増えているなか、県や市町村などはいろいろな取り組みをおこなっています。そのなかでも、特徴的な取り組みをしている都道府県を、いくつか紹介します。

山形県の取り組み

山形県では、家のリフォームや改修工事に対して補助金がでます。地方に移住してきた人の多くは、古い家を改築して住むことが多く、そのような場合には補助金が支給されるのです。県外から山形市内に移住してきたに対して、補助金や補助率を上乗せがされるため、他県よりも安い価格で、自分の気に入った家にすることができるでしょう。

また都市部の大学に進学した人に対しては、地元の企業の面接に行くさいの交通費を一部補助する制度である「山形県Uターン就職面接交通費助成金」などもあります。

福島県のとりくみ

福島県では、「ふくしま移住希望者支援交通費補助金」というのがあります。福島県への移住を検討している首都圏の人に対して、実際に足を運んでどんなところか見たり、調べたりするのに使われた交通費の半分を補助するという制度です。

補助金のおかげで、実際に現地に足を運んで家探しをしたり、職場探しをしたりすることが、やりやすくなりでしょう。

石川県のとりくみ

石川県では引っ越し1年以内の人に対して、協賛事業者からサービスや特典を受けることができる、いしかわ移住パスポートというものがあります。

具体的には、不動産手数料◯円引・自動車学校講習料金◯円引・レンタカー基本料金◯%引・宿泊料金◯円引・飲食時〇〇のプレゼントなど、さまざまな場所・企業からサービスを受けることができます。

UIJターンをして、転職するメリット

都市部は最新のお店がすぐできたり、交通の弁が便利だったりしますが、家賃や物価は地方よりも高額。同じ家賃でも地方だった場合、部屋が1部屋・2部屋増えたり、広いところに住めたりすることは多いです。また家賃補助をおこなっている地方企業は多いため、ほとんど家賃がかからず生活することも夢ではありません。

ほかにも地域の絆が都市よりも地方のほうが強いため、子育てしやすい環境であることは間違い無いでしょう。

しかしUIJターン転職をするとき、気になるのは給料面でしょう。地方のほうが給与が低い可能性はもちろんあります。しかし最近では地方でも都市部と変わらない給料設定の企業も多いです。また都市部で働いていたことによる職歴から、高額な給与設定をおこなってくれる会社も多いでしょう。

企業としても、都心部との人脈・ネットワーク強化や、地域特化だけではなく幅広い視野を持っている、都心部出身者の採用には大きなメリットがあるのです。

まずは転職サイトで可能性を

UIJターン転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、地方都市・田舎を含めた約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみてから、UIJターンを本格的に考えてみるのもいいでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。