過労死ラインとは?月残業80時間がボーダーラインといわれている?

記事の著者:787369

過労死ラインとは、厚生労働省が脳や心臓の病を発症するリスクが高まるとしている、時間外労働時間のボーダーラインを示す言葉。厚生労働省の調査によると、就業者の脳血管疾患・心疾患等による死亡数は、平成22年度では3万人といわれています。また就業者の自殺人数は、平成27年で6,782人となっています。

働くうえで、強い悩み・ストレスを感じている労働者の割合もおよそ55%というデータもあります。最近は働き方改革により、有給取得率があっていたり、残業時間が減っていたりと、企業としても労働環境の改善に力を入れているところは多いです。

しかし一方で、実際に過労死で死亡したケースは多くあります。そこで今回は、過労死ラインについて紹介します。

過労死ラインとは?

1ヶ月あたりおよそ80時間を超える時間外労働が、過労死ラインといわれています。ただし80時間を超えていない場合でも、1日13時間以上の労働などでも過労死ラインと認定されることもあります。

この過労死ラインは、労働災害保険の給付を受けられるラインにもなっています。もし在職中に脳卒中や心筋梗塞を引き起こした場合に、過労死ラインを超えていると、病気は仕事による疲労などの影響が大きいとされ、お金の給付を受けられることもあります。

ただし過労死ラインは、明確に線引きされているわけではないため、80時間残業を下からといって、100%労災認定されるとは限りません。

しかし1998年に富山医科薬科大学が発表した研究では、1日7時間~10時間働いていた人よりも、1日11時間以上働いていた人は、心筋梗塞の発症リスクが2.9倍という結果があります。そのため、長時間労働が人体に悪影響を及ぼしていることに間違いはないでしょう。

本来の労働基準法における、規定はどうなっているの?

本来の労働基準法では、1日の労働時間は8時間まで、1週間では40時間以内と定められています。それを超える労働時間は「残業」になりますが、残業は月に45時間まで。通常業務では対処できない繁忙期の場合でも、残業の延長が許されるのは月60時間までです。

しかしこの時間は法的に定められているわけではなく、あくまでも国が出している目安の時間。そのため、過労死ラインを超えているからといって、必ず会社が罪になるとは限りません。

過労死を、労災認定してもらう基準

労災認定認定をもらうには、仕事の業務に起因していることを明らかにする必要があります。たとえば、時間外労働が月に100時間を超えたり、6か月の平均の労働時間が80時間以上になると、病気の発症との関連性は高いとされています。

これを証明するために、タイムカードの勤怠時間を体調の変化と一緒に自分でも記録しておく・追加業務の依頼内容を伝える上司の声を録音しておく・有休消化を拒否されたメールを写真で保存しておく、などの対応をしておくと、労災認定してもらえる可能性は高まるでしょう。

過労死の実際例

過労死の実例は数多くありますが、今回はそのうちの2つを紹介します。事例の中でも、運送業の運転手・教師・看護師・介護士・作業員の過労死した例は多くありました。

トラックの運転手、残業月108時間で労災認定

2017年、運送会社の43歳男性が月108時間残業を行い、過労死した事件がありました。

この男性は、休憩時間が取れなかったり、休日にも電話対応をおこない、周囲にも過労を訴えていましたが、会社を辞めるわけにもいかず、ゴルフ接待中に急性心筋梗塞で死去しました。この事件に対し、八王子労働基準監督署(東京)は労災認定しています。

トラック運転手は、1回の出勤における拘束時間も長く、交通状況によっては時間外労働も増えやすい仕事ではあります。また最近では再配達の連絡を運転手がこまめにおこなう必要があり、このような事件は同業界内でも多数発生しています。

京都市教員、修学旅行中に脳内出血で死亡

当時56歳の下鴨中学校の教師が、1978年箱根の修学旅行中に、脳内出血で死亡しました。このときこの教師は、学習会活動や家庭訪問などで多忙を極め、残業は1日100時間を超えていました。修学旅行前には声が出にくいという体の不調はあったものの引率。生徒指導中に、大きな声を出したことによって脳内出血が発症したとされています。

事件後、遺族は労災認定の申請をしましたが、なかなか認定はされず、裁判に勝利するまで15年かかっています。

この事件は、初めて日本で引き起こった過労死事件であるといわれており、この事件をきっかけに過労死という言葉が国際的に有名になりました。

過労死の初期症状は?

過労死の対象となる疾患には、精神疾患・脳血管疾患である脳血管疾患(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、高血圧症脳症)・虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症、心停止、解離性大動脈溜)などがあげられます。

それでは以下にそれぞれの疾患における初期症状をご紹介します。

精神疾患

精神疾患は、自分で気づかないうちに、進んでいく病気です。会社に行きたくない・体がだるいという症状から、動けなくなるほど重度なものまで、さまざまです。とくにうつ病などは、自分ではなく、周りから言われて気づくこともあります。少しでもおかしいと感じたら病院に行くという行動をしましょう。

体の病気と同じで、心の病気も早期発見ができればそれだけ治療も簡単に短期間で済むケースが多いです。

脳血管疾患

脳血管疾患の病名としては、脳出血・くも膜下出血・脳梗塞・高血圧症脳症です。主な症状としては、以下のものがあります。この症状を感じた場合は病院を受診しましょう。

1.手や顔がうまく動かすことができない、麻痺している
2.ろれつがまわらず上手に話すことができない
3.立ち上がった時に、立ち眩みやめまいやがある
4.疲れたときに目の焦点を合わすことができない

虚血性心疾患

虚血性心疾患の病名としては、心筋梗塞、狭心症、心停止、解離性大動脈溜になります。初期症状としては「ちょっとおかしいかも」がサインになることが多いです。「いつもと違う」「なんかおかしい」という時は早めに病院を受診しましょう。症状としては以下のようなものがあります。

1.動悸や息切れがある
2.脈が速い
3.胸やみぞおちのあたりが痛い、苦しい
4.右の方や左の上腕あたりに痛みがある

労働時間を、自分で減らしていく方法

最近では過労死の問題もあり、会社としても残業をしないようにという意識や、No残業デイなども推進されています。それでも元々残業が多い会社や職業では難しいという声もあります。

労働時間を減らすためには、自分で背負い込まないということが必要です。労働時間が多い人には、自分がやるからと多くの仕事を引き受けているケースがあります。そういう場合は、ある程度仕事を人に任せたり、お願いするということを覚えることも大切です。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。残業が多い会社で働き続けて、体を壊す前に、他の仕事をしたほうが自分のためにもなるでしょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。