ソムリエから転職したい。ワインと料理の知識を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1272687

ソムリエはワインのエキスパート資格です。ホテルやレストランでお客さんにワインのアドバイスをしたり、そのワインと相性の良い料理の提案をするのが主な仕事です。

ソムリエは華やかなイメージのある仕事ですが、実際には裏方や雑用の仕事も多く日頃からの地道な努力が必要なので、理想と現実のギャップに悩み転職を考える人もいるでしょう。

そこで今回はソムリエから転職をしたいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

ソムリエから転職をしたいと思ったきっかけ

作業内容の多さ

ソムリエの仕事は接客サービスのほかにもワインの買い付け、品質の管理、新しい世界のワインに関する情報収集から、ワインにはまったく関係のない雑用まで仕事の内容は多岐に渡ります。

専任のソムリエの場合は1人ですべての業務を任されることも珍しくないため、責任や負担が重くなります。

勤務時間の長さ

基本的にソムリエは残業も多く土日祝日も関係なく仕事があります。友人や恋人と過ごす時間を作ろうとしても予定を合わせることが難しく、休日でもワインの勉強をすることが仕事の一環であるため、自由な時間が制限されてしまいます。

精神的な負担

接客のときにはつねに気を使いながらの対応が求められます。自分が選別して提供したワインがお客さんの口に合わなかった場合には、自信喪失することもあるためメンタルも消耗します。

ソムリエにおすすめの転職先

ワインショップやバーの店員

ソムリエはワインの豊富な知識と共に高いコミュニケーション能力を兼ね備えているため、接客業は転職先として最適です。

とくにワインショップの販売員やバーの店員であれば、ワインや料理の知識も活かすことができるため活躍できる可能性も広がります。

ワインスクールの講師

ワインスクールの講師の仕事は、ワインの豊富な知識やテイスティングの作法、料理とワインとの相性の良いマリアージュなどを座学と実技を交えて実践的な講義をすることです。そのため、今まで積み上げてきたソムリエの経験を存分に活かすことができるでしょう。

料理教室の講師

ソムリエの仕事の中で、ワインと料理の的確なマリアージュ(組み合わせ)をおこなうためにはあらゆる料理にも精通していることが求められます。

そのためソムリエは料理技術も兼ね備えている人が多いので、ワインと料理の専門知識と調理方法を学べる料理教室を開くことができるでしょう。

転職する前に考えておくこと

ソムリエの仕事は、豊富な知識とワインを鋭く見分ける味覚や嗅覚を要する人気の高い職業です。

苦労して手に入れたソムリエの地位を簡単に手離す前に、もう1度原点に立ち戻り冷静に自分を分析することが大切です。そのまま続けるのか、転職先を探すのかを慎重に見極めましょう。

まずは転職サイトで可能性を

ソムリエから転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。