ダンサーから転職したい。振付師やインストラクターがおすすめ

記事の著者:1272687

ダンサーはミュージカルや映画、イベントなどでダンスを披露したり、スタジオでインストラクターとして指導したりします。

ダンサーは体力的にもハードな仕事であるうえ、一流にならなければ十分な収入を得ることはできません。RedBullやJust deboutといった世界大会で優勝するようなレベルの超有名ダンサーで、やっとスポンサーがついてプロとして活動ができる可能性があるというレベルです。

つまり、現状のダンス業界の仕組みでダンサーとして生計を立てていくのはとても難しく、一握りの世界トップダンサーになるしか生きていく道はありません。

好きなことを仕事にして生きていくことはとても夢のあることですが、容易ではありません。どんなにダンスが好きでも転職を考える人は多いでしょう。今回はダンサーから転職をしたいと思ったきっかけや転職する前に考えておくことなどをみていきます。

ダンサーから転職をしたいと思ったきっかけ

怪我はつきもの

ダンサーはハードな練習量と激しい動きも要求されるため常に怪我は付きものであり、身体のケアも重要な仕事の1つといえるでしょう。

しかしどんなに気をつけていても、激しいパフォーマンスを続けるうちに故障してしまう場合もあります。ダンサーを続けていくには致命的な事態となるケースもあるため、怪我はやむなくダンサー人生を諦める最も大きい要因でもあります。

厳しいトレーニング

プロのダンサーとして生き残るためにはハードなレッスンにも耐えて抜く肉体と強いメンタルが求められます。

仕事を勝ち取るにも競争率の激しいオーディションに合格する必要があり、ダンスが好きといってもプロの世界は甘くないため現実の厳しさから辞めてしまうダンサーも多いです。

収入が不安定

ダンサーの収入は格差が大きく、トップダンサーでなければ生計を立てていくのは難しいでしょう。

継続的な仕事の依頼の保証はないため、不安定な経済状態である人がほとんどです。そのため、ダンスが好きでもダンサーから身を引いて転職をする人もいます。

ダンサーにおすすめの転職先

振付師・演出家

振付師や演出家はダンスの力量や個人の持っている芸術的なセンスを発揮することができる仕事です。ダンサーでは成功できなかった人でも振り付け師や演出家に転向して花開いた事例もあるため、転職先としての選択肢は十分あるでしょう。

成功すれば高収入も期待でき、CMで使用されるダンスの振付けでは10万円~700万円、ミュージシャンやバックダンサーの振付けも1曲5〜100万円と高額な報酬を得ることが可能です。

インストラクター

安定的な収入を求めるならダンススタジオを経営している会社で専属のダンスのインストラクターとして働くことがおすすめといえるでしょう。

インストラクターの仕事はダンスの経験を存分に活かせます。知名度や技量によっても異なりますが、多い人では100万円以上の高収入を稼ぐことも可能です。

転職する前に考えておくこと

ダンサーは心身共にハードな商売であり転職を考える人も多いと思いますが、1度立ち止まって冷静に考えてみましょう。

1度ダンサーの仕事を離れてしまうと、ブランクができる分ダンスの技術も下がるので復帰することは容易ではありません。次に何をしたいのか明確にしたうえで後悔のないように行動していくことが大事です。

憧れだった職業を挫折することは悔しいとは思いますが、転職をきっかけとして明るい未来に向けて飛躍できるようにしましょう。

まずは転職サイトで可能性を

ダンサーから転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。