仕事もうまくいく♡おじさんから好かれる3つの方法

記事の著者:haruki hatano

「同期入社なのに、上司からのウケが突出して良い女性」「取引先の役員クラスのお客様も、難なく手玉にとる女性」あなたの周りにいませんか?

俗にいうおじさんキラーの彼女たち。羨ましい限りですよね。年上の男性は、その年の数だけたくさんの女性を見て知っています。そんな彼らを虜にするのは、世代問わず何歳になっても魅力的な女性です。

今回は、そんなおじさんキラーの女性の特徴3つをご紹介します。あなたも今日から少しずつ彼女たちのマネをして、おじさんキラーを目指しましょう!

おじさんだろうが、フレンドリーに接する

年上の上司と話すのは苦手という人が多くいます。「小言が多い」「ギャグがつまらない」「何を話したらいいのか分からない」「堅苦しい」等、マイナス要素がたくさん出てきますね。

そういった人は、同世代でないとフレンドリーに話せないため、年上を避けることが多いです。

一方のおじさんキラーの女性を見てみましょう。世代を超えて可愛がられる女性は、年上だろうと関係なく、積極的に話をして共通項を見出します。また、相談を持ちかけて頼るのもアリです。

年上だからと毛嫌いせずに、先ずは話だけでもしてみましょう。年上ならではの面白い話や為になる話が聞けるかもしれません。

適度に甘え上手

おじさんキラーな女性は、適度に甘えるのが上手です。ここでいう「甘え」をはき違えると、逆に指導の対象になってしまうので注意してください。

例えば、女性は機械音痴が多いですが、PCなどの操作方法でつまずいたら、先ずは自分で調べます。それでも分からなければ、PCに詳しい人に「調べたんですけど、やっぱりダメで……一度見てもらえますか?」と頼ります。

晴れて問題解決したら、「さすが○○さん!!すごいですね~!ありがとうございました。○○さんに頼って良かった!」と喜びと感謝の気持ちを露わにして伝えます。

これだけでも男性の自尊心をくすぐります。何でもかんでも誰かに頼る人は嫌われますが、この人だからこそ出来る「年上のプロ」に上手く甘えることが出来る女性は、男性を立てる事のプロです。どの世代にも好かれます。

素直でナチュラルな雰囲気

ジェネレーションギャップを感じるのは、女性だけではありません。年上の男性も感じています。そんな中若い女性が派手なファッションに身を包みバッチリメイクでいると、多くの年上男性は「合わないな」と萎縮してしまいます。

最近はすっぴん風のナチュラルメイクが流行っていますから、是非取り入れましょう。年上男性からのウケも上々です。

また、これは世代問わず男性からモテる特徴として挙げられますが、「いつも明るく笑顔」「ちょっと天然」「危なっかしい」「分からないことは素直に聞く」「挨拶と返事が出来る」女性も、年上男性から好かれます。