仕事もうまくいく!おじさんから好かれる3つの方法

記事の著者:haruki hatano

「同期入社なのに、上司からのウケが突出して良い女性」「取引先の役員クラスのお客様も、難なく手玉にとる女性」といった、いわゆる「おじさんキラー」な女性があなたの周りにもいませんか?

俗にいうおじさんキラーの彼女たちは羨ましい限りですよね。年上の男性は、その年の数だけたくさんの女性を見て知っています。そんな彼らを虜にするのは、世代問わず何歳になっても魅力的な女性です。

今回は、そんなおじさんキラーの女性の特徴をご紹介します。あなたも今日から少しずつ彼女たちのマネをして、おじさんキラーを目指しましょう。

おじさんを相手にしてもフレンドリーに接する

年上の上司と話すのは苦手という人が多くいます。「小言が多い」「ギャグがつまらない」「何を話したらいいのか分からない」「堅苦しい」など、実際にあまり関わりたくない存在です。そういった人は、同世代でないとフレンドリーに話せないため、年上を避けることが多いです。

しかし、世代を超えて可愛がられる女性は、年上だろうと関係なく、積極的に話をして共通項を見出します。もともとおじさんに嫌悪感を抱かないタイプなのか、苦手だけれども自分の利益のために無心でおじさんに接する努力をしているタイプなのかは人によって異なりますが、いずれにしてもおじさんを避けることはしません。

おじさんが苦手だがおじさんキラーになりたいと考えている人は、年上だからと毛嫌いせずに、先ずは話だけでもしてみましょう。年上ならではの面白い話やためになる話が聞けるかもしれません。

適度に甘え上手

おじさんキラーな女性は、適度に甘えるのが上手です。

例えば、女性は機械音痴が多いですが、PCなどの操作方法でつまずいたら、先ずは自分で調べます。それでも分からなければ、PCに詳しい人に「調べたんですけど、やっぱりダメで……一度見てもらえますか?」と頼ります。

晴れて問題解決したら、「さすが○○さん!!すごいですね~!ありがとうございました。○○さんに頼ってよかった!」と喜びと感謝の気持ちを露わにして伝えます。

これだけでも男性の自尊心をくすぐります。何でもかんでも誰かに頼る人は嫌われますが、その人の特性に合わせて上手く甘えることができる女性は、男性を立てることのプロです。どの世代にも好かれます。

素直でナチュラルな雰囲気がある

若い女性が派手なファッションに身を包んでバッチリメイクでいると、多くの年上男性は恐怖を感じて萎縮してしまいます。そして逆に、おじさんは自分の立場を脅かすことのない、従順でで弱い立場の女性を重用したがります。こういったおじさんの性向・男性中心的な思考は唾棄すべきものではありますが、上手く利用することも可能です。

おじさんキラーの女性は意図的かどうかはわかりませんが、そういったおじさんの好みに合うようなナチュラルなファッション、メイクを取り入れています。

また、性格面でも「いつも明るく笑顔」「ちょっと天然」「危なっかしい」「分からないことは素直に聞く」など、素直で可愛らしく見えるような特徴を持っています。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。