自信がないだけ?会社の電話に出ない人の心理と対処法

記事の著者:haruki hatano

職場の電話が鳴っているのに、知らんぷりして受話器を取らない同僚に、イライラしたことはありませんか。

電話に出たがらない人たちの心理と対処法をご紹介します。

1.他人任せにしている

これが最も多く見られるパターンです。

「自分が出なくても、きっと代わりに誰かが出てくれるはず」と思い込み、自分から電話に出ようとしません。

しかし、考えていることはみんな同じで、電話の周りにいる全員が「誰かが出るだろう」と考えているので、一向に誰も受話器を取ろうとしないこともありえます。

あらかじめ電話対応係を決めておきましょう。

2.電話に苦手意識がある

電話が苦手な人もいるものです。電話対応は自分の仕事だと自覚はしているものの、上手く対応できる自信がなくて、電話に出ないタイプの人もいます。

電話では相手の表情が見えません。相手の様子を知るための唯一の情報源は、受話器越しの声だけなので、電話が苦手な人には、電話で受け答えをすることは、実はとても難易度が高いです。

このタイプの人たちは、そもそも会話自体に苦手意識を抱えているケースが多いです。

しかし、この問題は逆に電話に慣れることで解決されるものでもあるので、電話研修の時間を設けたり、マニュアルを作成させたりするなどして、電話対応スキルを磨いてあげましょう。

3.内容を軽視している

以前は積極的に電話に出てくれていたのに、最近は全然電話に応答してくれないという社員は、もしかしたら電話の内容に失望しているのかもしれません。

「明日の飲み会のことなんだけど」、「お土産買ってきたので、後で渡しますね」など、電話に出てみたものの、いざ話を聞いてみると「それって今電話で言うべきことなの?」と思わず突っ込みたくなる内容の場合も、会社によってはあります。「どうせ大事な案件の電話ではない」と思ってしまうのも、無理はないのかもしれません。

社員間のコミュニケーションが取れているのはいいことですが、このようなケースに当てはまる場合は社内の電話利用のルールを見直しましょう。

本当の緊急時に電話が繋がらなくなったら一大事です。

4.時間を取られたくない

若手社員に多く見られるタイプです。電話に出るということは、その時に行っていた作業を一時的に中断するということ。電話が1日に1、2回程度なら大した時間のロスにはなりませんが、何件もかかってくると、自分の作業時間がなくなってしまいます。

また、電話では証拠が残らないため、トラブルが起きた時に言った言ってないの水掛け論になり、そこに時間を取られることも嫌うという背景もあります。

このタイプの人はすべての連絡をチャットツールかメールに置き換えてほしいと考えています。

彼らにどうしても電話を使わせたい場合は、急用ではない連絡についてはすべて「後ほど折り返します」と会話を締めてよいという条件を示すなどして、とりあえず電話に応答することを要求しましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。