ピアノ調律師をやめたい・転職したい。神経を使う作業への疲労、低い収入への不満。

記事の著者:1528961

ピアノの調律師は、客の家やコンサートホールに出向き、ピアノの調律や修理するのが基本業務です。それ以外にも、ピアノクリーニングをおこなうことがあります。

ピアノの調律師には大きく分けて、メーカー勤務・楽器店勤務・フリーランスがいます。フリーランスの場合、仕事を確保することが非常に難しく、副業をしている方も少なくありません。

今回はピアノの調律師をやめたい・転職したいと思ったきっかけやおすすめの転職先について紹介します。

ピアノの調律師をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

神経をすり減らす

ピアノの調律は、ピアノのすべての鍵盤(88個)を何度も叩いて音の確認をするかなり地道な作業です。平均して1日3件程度担当することが多いですが、1回の調整でもかなりの集中力をつかうため、精神的疲労が溜まりやすい職業でもあります。

また調律以外にも、依頼者のピアノの保管方法へアドバイスなどおこなうことも大事な仕事です。ピアノは木でできているものが多いので、温度や湿度で音程は大きく変化します。

調律には集中力と聴覚が重要なので、体調管理も怠ることはできません。自分の感覚を商売道具としているため、体調が仕事に与える影響も非常に大きくなります。

心身ともに疲労が溜まりやすく、感覚の鈍りから続けていくのが難しくなったという方も少なくありません。

収入が少ない

ピアノの調律は1件あたり1万円以上する高額な作業なのですが、会社に雇われている場合は月給制となります。

ピアノの所持者は、購入したメーカーや大手楽器メーカーに調律を依頼するケースがほとんどなので、独立しても顧客を確保できないのが現状です。

1日何件も回っても給料が上がらない、作業の大変さと給料が合っていないと感じ転職を考える方も少なくないようです。

ピアノの調律師におすすめの転職先

楽器店の販売員

外回りや客への指導が辛いと感じている方は、客の元に出向いて作業することがない楽器屋の販売員がおすすめの転職先です。

身体的に楽という点はもちろんですが、楽器店での販売員の場合、昇格や出世があるので給料が上がっていくことも期待できます。

客とのコミュニケーションや楽器の知識も欠かせないので、調律師の経験やスキルを存分に活かすことができるでしょう。

調律師の講師

調律師は特殊な職業なので、音楽大学の専門学科で学ぶか専門学校に通う必要があります。そうした学校で経験者として講師になるのも、転職先の選択肢の1つです。

安定した給与が得られる上に、休暇も安定するのでワークライフバランスが取りやすいというメリットがあります。

ピアノの調律師から転職するならマイナビエージェント

転職を少しでも検討しているなら、まずは転職サイトに登録して、条件に合う仕事があるか見てみましょう。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」は転職活動をする人のほとんどが登録するという定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

キャリアアドバイザーが条件にあった求人を紹介してくれるだけでなく、書類の添削や面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートもしてくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

ピアノの調律師をやめる・転職する前に考えておくこと

ピアノの調律師は特殊なスキルが必要な職業なので、その経験やスキルを活かした転職をおすすめします。

専門知識が多いという特徴があるので、業界はそのままで職種のみ変えるという方法の方が給与の上昇や労働環境の改善が見込めるでしょう。

ピアノという楽器がなくなることは考えにくいので職業としての需要はなくなることはありません。転職先として、同じ業界を選んだとしても調律師としての経験がある分、有利になると考えられます。

キャリアアップを目指すつもりなら、業界は大きく変えないほうが良いでしょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。