旅行と関わる仕事5選。現地に滞在する仕事から、世界を飛び回る職業まで紹介

記事の著者:1103870

日本政府観光局の発表によると、2017年の出国日本人数は約1,789万人。訪日外客数は2,870万人となっています。訪日外客数は2018年には3,000万人を突破しているといわれている勢いです。

またマスターカード社が発表した2016年の世界渡航先ランキングで東京は9位。1,195万人となっています。

景況感の改善や休暇取得促進などから日本人の旅行関心度は高まり、円安の影響や経済的発展の影響で外国人観光客も増え、2012年頃から旅行業界の業績は急回復しています。

行ったことのないさまざまな国に行って新たな文化に触れたり、外国人観光客に日本の歴史や文化を伝えたりすることに、面白さや興味を持つ人は多いでしょう。今後2020年の東京オリンピックにかけて外国人観光客はますます増えていくことが見込まれます。そんな絶好調の旅行業界に関われる仕事を紹介します。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターとは、旅行客に同行して、案内役を務めることが仕事になります。

自分が添乗するツアーが決まると、スケジュールの確認・観光客の確認・出国書類チェックなどに関して、旅行会社担当者との打ち合わせをおこないます。そして旅行中は、観光地の説明をおこない、ツアー客がより充実した旅行をできるよう、注意点や見て回るときのポイントなどをアドバイスします。

1ヶ月に20日程度は、どこかに添乗していることが多く、帰った翌日、すぐまた添乗することも珍しくはありません。

ツアーコンダクターのなるにはまず、旅程管理主任者の資格取得が必要になります。しかし旅行会社に入社するときに必須の資格になるわけではありません。一般的には入社後、業務研修を受講し、実務経験を積みながら、資格取得を目指していくことになります。

観光客と一緒に、旅行を楽しむことができる仕事

ツアーコンダクターは、仕事で国内外さまざまな場所に行けるのが、最大の魅力といえます。旅行好きにはぴったりの職業でしょう。そして今後増大する旅行需要に大きく貢献できるツアーコンダクターという職業は、需要やニーズは高まっていくはずです。

そして観光客と一緒に現地で感動したり楽しんだりできることも、ツアーコンダクターの面白いところでしょう。

旅行代理店スタッフ

旅行代理店は、旅行客に代わりツアーや宿泊施設の予約などをおこない販売する会社のこと。国内外両方の旅行を扱う会社や、国内専門で営業している会社があります。

要望を聞き、宿泊施設・観光地・交通手段・食事の手配などをすることになるため、旅行代理店スタッフはお客さんと一緒にプランを作っていくことになります。旅行好きの人にとっては、とても楽しく仕事をすることができるでしょう。

おすすめ旅行プランを、お客さんに提案できる仕事

H.I.S.や、日本航空、JTBなどの大手旅行会社は、大卒で求人募集をしている場合もありますが、基本的に学科・学歴は問われません。

添乗(ツアーコンダクター)になりたい場合は、旅程管理主任者の資格が必要になりますが、カウンターセールスの場合は、とくに資格は求められません。お客さんをカウンターで対応するオフィスワークがメインになります。

最近では激安ツアーなどがブームで人手不足の会社が多く、正社員ではなく派遣社員やアルバイトやパートの採用も増えてきています。正社員の場合20万円前後です。非契約社員の場合、950円~1,600円程度でしょう。

求人募集している代理店も多いので、まずは大手転職サイトで求人を探してみましょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

キャビンアテンダント(客室乗務員)

キャビンアテンダントは、旅客機に搭乗し、乗客へサービスをおこなうことが仕事です。

機内サービスでは、食事やドリンクの提供、お菓子販売などをおこないます。ほかにもお客さんからリクエストがあれば、それに対応しなくてはいけません。また急病人がでたり、天候が悪化したり、ハイジャックが引き起こったりした際には、乗客の安全を守るため、応急処置や避難誘導などをおこなう必要もあります。

そんなキャビンアテンダントになるには、採用試験を受ける必要があります。応募資格、採用試験内容は航空会社によってさまざま。人気かつ、専門的な知識が求められるため、就職するための専門学校もできています。

ステイ先では、旅行気分で自由時間を楽しめる

国際線に勤務する場合、日本を出国し着いたステイ先では、自由時間をもらえます。10時間以上の長距離フライトになれば、2泊3日程度の休みをもらえることもあるでしょう。

休み期間は基本的に自由に時間を使えるため、街の散策や食事を楽しむことも可能です。ステイ先では、旅行気分で自由時間を楽しむこともできるでしょう。

観光ホテルスタッフ

観光ホテルスタッフは、旅行客を対象にしたホテルで働くスタッフのことを指します。日本を訪れる外国人観光客が急増していたり、女子旅や一人旅など旅行スタイルの多様化で、観光ホテルの需要は伸びています。

フロント業務から客室清掃、レストランでの配膳係など、観光ホテル内での業務や職種はたくさんあります。どの職種でも、「おもてなし」するプロフェッショナルとして、旅で疲れたお客さんをあたたかく迎えて、快適に過ごせるようにサポートすることが大切なことになります。

現地で、観光客と関わりたい人におすすめの仕事

観光ホテルスタッフになるためには、ホテルの採用試験を受けなければなりませんが特別必要な資格はありません。高校卒業後にすぐホテルに就職する人もいます。車通勤可能なホテルも多く、子育て中のお母さんにも働きやすい職場といえるでしょう。

雇用形態も正社員やパート、アルバイトなど多様化しているため、自分のライフプランに合わせて選ぶことができます。給与は15万円程度。時給の場合1,000円~1,500円程度でしょう。

観光バスガイド

観光バスガイドは、観光バスに乗車して、観光地にまつわる情報を提供したり、車窓から見える景色を案内しながら、お客さんを楽しませることが仕事です。

バスガイドになるには観光バス会社への就職が必要。高卒から採用していることが多く、未経験者の採用に積極的な会社も多く存在します。ただし、観光地に関する地理や歴史、文化などの豊富な知識が絶対に必要となります。

観光客と一緒に観光地を巡ることができる、旅行好きにはたまらない仕事

この職業は、正社員以外にも、派遣やフリーランスとして活躍する人が多いのが特徴。給与は15万円〜20万円が相場になっており、時給の場合1,000円程度が平均になります。宿泊が伴う場合、宿泊手当が付くことがほとんどです。

一度に多くのお客さんを相手に、わかりやすく面白く話をする必要があるため、大変な部分はあります。しかし観光客と一緒に、観光地を巡ることができるため、旅行好きにはおすすめの職業といえるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

旅行業界への転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

おすすめなのは、マイナビエージェントです。マイナビエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。各業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」が、企業が求めている人材の情報を、常にキャッチアップしています。

また理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。履歴書添削・面接対策などのサポートも充実しているため、はじめて転職をおこなう人でも安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。