環境計量士をやめたい・転職したい。正確さが求められミスが許されない

記事の著者:2034429

環境計量士は、濃度や騒音、振動のレベルの計測を専門に仕事をします。国家資格を有し、合格率が15〜16%と難易度の高い資格試験として知られています。

コツコツと計測し、計測した結果を、データを計測し、それを分析し、顧客にそれらの解釈などを報告するという、一軒地道に見えますがとても重要な仕事です。

しかし、データ計測は決してミスが許されません。専門的な調査機器を用いて多くの調査項目を正確にこなしていくのは非常に大変な作業です。もっと楽な仕事がしたいと転職を考える人もいるでしょう。

今回は環境計量士をやめたいと思ったきっかけ、おすすめの転職先についてみていきます。

環境計量士をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

環境計量士は華やかな仕事ではありませんし、苦労して取った資格の割に収入が良いわけでもありません。事業所数が多く、経費は人件費が主であるため、価格競争の影響を職員が受けてしまっているからです。

データを計量し、分析し、解釈を顧客に報告するという仕事内容は、難しくない仕事に思われることもありますが、思っている以上に現場は過酷です。

また超高温の工場の屋根裏でデータの計測をおこなったり、汚水処理場や粉塵漂う煙突内という劣悪な環境でのサンプリングをするというのは珍しいことではありません。検体量が多くても、研究室で計量ができるのは夕方からなので、仕事の終わる時間も遅くなることもあります。

さらに計測の結果によっては顧客から圧力やプレッシャーがかかることもあり、顧客と法律の板挟みにストレスを感じることも数多くあります。

環境計量士におすすめの転職先

環境計量士は、忍耐強さと分析力、根気良さがないと難しい仕事です。転職するにあたって、それらを活かせる仕事には何があるでしょうか。

研究者・職人

研究者や職人においては、自分の好きなことや興味のあることならとことん追求し、分析をして新たな事実を発見できる可能性もあります。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、その道を極めていくことも可能でしょう。

また、1つの分野に特化することで持ち前の忍耐強さを発揮できます。研究の成果や良い作品は簡単にできるものではないので、なかなか結果が出なくても続けていく必要があり、それは環境計量士が得意なことでしょう。

経理

経理は主に数字を取り扱う仕事で、細かい作業や正確性が求められます。環境計量士として、自分の呼吸、体温1つで変動してしまうデータを繰り返し測定してきた根気強さが役に立つでしょう。

経理を担当するには会計の知識が必要となりますが、環境計量士の忍耐強さがあれば勉強にもコツコツ取り組めるはずです。

環境計量士をやめる・転職する前に考えておくこと

転職をするのは大変ですし、非常に大きなエネルギーを伴うことでもあります。

何のために難しい試験をを突破し働いているのか初心を思い出したうえで、転職を希望するのであれば、周囲の人の色々な声を聞き、きちんと情報収集をしましょう。

環境計量士からの転職を考えているなら

環境計量士からの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。