助産師になるには資格が必要?受験資格は、看護師免許所有と女性であることが必須

記事の著者:1493929

助産師は妊婦の出産を手助ける「助産行為」の専門家ですが、出産時のみならず妊娠期、産後のケアや女性の性保健、新生児ケアまで幅広く活躍している職業です。

かつては「産婆さん」、「助産婦さん」などと呼ばれた資格がありましたが助産師はその発展形であり、医師と同様に開業県も認められています。

日本看護協会によると、2016年時点で助産師の数は3万9,613人で、過去10年間を見ても毎年1,000人ほど増加しています。勤務先としては6割ほどが病院であり、診療所が次に多くなっています。

今回は、助産師になるために必要な資格やステップを解説していきます。

助産師に必要な資格

助産師は国家資格ですが、誰もが受験資格をもらえるわけではありません。まず、看護師免許を有していること、そして「女性であること」が必須となります。

看護師免許を取得した女性が助産師教育機関で1年~2年専門的に学んだ後、ようやく国家試験受験資格がもらえるのです。

具体的な試験内容・勉強する際のポイント

助産師の試験は国家試験となり、試験は午前・午後に分かれて実施され、各55問が出題されます。科目は以下の通りです。

  • 基礎助産学
  • 助産診断・技術学
  • 地域母子保健
  • 助産管理

問題の種類は、知識を問う「一般問題」と具体的な事例や状況に対する設問である「状況設定問題」があります。「状況設定問題」の方が1問当たりの配点が高いため、高得点を取るには文章読解能力が非常に重要となってきます。

資格取得の難易度

助産師国家試験の合格率は平成29年度で98.7%、過去5年間を見ても93%~99.9%と高水準をキープしており、試験を受験した人にとっての難易度は比較的低いといえます。

しかし助産師資格を取るためには、まず看護師免許を取得しさらに専門機関で1年~2年間勉強して単位を履修する必要があるため、助産師を目指す道は決して平たんではありません。

逆にいえば、苦しい道のりを乗り越えて助産師国家試験を受験するにこぎつけた人はみな意識が高く、それなりの専門知識を身に付けているということです。

資格を取得するためのステップ

助産資格を取得するためにはまず看護師免許が必要ですが、ここでは看護師免許を取得後のステップを解説します。

ステップ1:助産師養成機関へ入学する

看護師免許を取得したのち、助産師養成課程のある専門学校や大学院などへ進学します。養成課程は1年~2年ですが、助産師専門課程のある看護大学で看護師免許を取得した場合は4年間おこなうことになります。

専門課程では座学はもちろん病院や助産所にて妊娠期、分娩期、産褥期、新生児期など一通りの実習をおこないます。妊婦へのアプローチだけでなく家庭訪問や小中学校の思春期教育、女性の保健ケアなども実施する養成機関もあります。

ステップ2:単位履修、国家試験

助産師国家試験へ受験を希望する人は4月から動きだす必要があります。看護師免許を所持し助産所養成機関入学し次年度卒業予定の人は4月から8月の間に書類にて申請します。

その後10月に資格認定の審査がおこなわれ、認定者には11月に認定書が交付されます。認定書を交付された人は11月から12月の間に国家試験受験手続をおこない、試験は2月実施です。なお、合格発表は3月下旬となっています。

資格取得におすすめの学校

国立看護大学校
東京都清瀬市にある4年制の大学です。基礎知識から実習までしっかり学ぶことができます。4年次にはベトナムの医療系大学の協力のもと、現地の看護学生と一緒に医療現場の見学や家庭訪問などに参加するなど、グローバルで充実したカリキュラムです。

日本赤十字社助産師学校
助産師について1年間学ぶことができる専門学校です。日本赤十字社医療センターの隣、日本赤十字看護大学の6階にあります。同じ建物内に日本赤十字社幹部看護師研修センター、認定看護師研修施設があるなど、専門的な環境が魅力です。

助産師養成機関は全国に100以上あり、専門学校、大学、大学院など様々な進学先がありますが、看護師免許を取得したのちに大学や大学院に進学するのは敷居が高いため専門学校を目指す人も多いようです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。