指導と思ってるからたちが悪い!新人いびりする人の心理5つと対処法

記事の著者:saitotakuma

職場で新人を指導するのは当然の行為ですが、それをよくよく見てみると、どう見てもいじめにしか思えないようなことがあります。

どうして職場で新人いびりが起きるのでしょうか?

今回は、新人いびりをする人の心理とその対処法をご紹介します。

新人いびりをする人の心理

ここでは、新人いびりをする人の心理を5つご紹介します。

1.本当に指導していると思っている

新人の指導は、本人の成長や、チーム全体の仕事をよりよく行うためにするものですよね。

しかし指導が行き過ぎたり、個人攻撃のような形になってしまえば、それは単なる新人いびりでしかありません。

その中で、どう見ても新人いびりにしか思えない状況でも、本人たちにはいびっている自覚がない場合があります。

あくまで「新人のために厳しくやっているだけだから」と思い込んでいるので、新人が抗議したり周囲がたしなめたりしても、なかなか効果がない場合があります。

2.職場で不安がある

職場での自分の立ち位置や仕事の能力に不安がある人も、新人いびりをする傾向にあります。

自分が優秀な新人に追い越されてしまうのではないかという恐怖心があるので、少しでも新人を押さえ込みたいのです。

新人の欠点やあらを必要以上に指摘することで、自分が新人よりも優位に立とうとしているわけです。

3.嫉妬している

新人は、その会社のことが何もわからない状態で入ってきますから、周囲の人間も力になってあげようとします。

その「守られている姿」に嫉妬する気持ちから、新人をいじめてしまう人もいます。

つまり、自分も周囲に大切にされたい!優しくされたい!という気持ちがあるのに、誰も満たしてくれないから、新人がうらやましくていびってしまうわけです。

4.ストレスを抱えている

新人いびりをする人には、現在自分が置かれている状況に対して、ストレスを感じている人が多くいます。

そのストレスを、新人いびりをすることで発散させているのです。

新人は普通、先輩には口答えや反抗しづらいものですから、思い切り八つ当たりするには最適の相手というわけです。

5.余裕がない

新人は仕事ができないのが当然ですが、それを「足手まとい」と感じてしまう人もいます。

特に繁忙期だったり、トラブルを抱えているときに、新人を抱えてしまうと「邪魔だな」と思ってしまい、邪険に扱ってしまうのです。

本来であれば、新人には「できないのが当たり前」というスタンスで接するべきなのに、自分に余裕がないので、「どうしてこんなこともできないんだ!」とイライラしてしまう・・・

本人もいびりたくていびっているわけではないのですが、結果的に新人いびりになってしまっているわけです。