ビジネスの場における「伺わせていただきます」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

記事の著者:kenishida

ビジネス用語は一流のビジネスマンにとって最も重要なもので、最大のマナーです。

今回はビジネスにおける「伺わせていただきます」の言葉の意味と使い方、またその注意点について9つ紹介します。

「伺わせていただきます」の意味

「伺う」とは、「聞く」や「尋ねる」の謙譲語です。また「~させていただく」という表現は、相手に許可をもらい相手の為にする行為を指します。「いただく」は「もらう」の謙譲語となります。

つまり「伺わせていただく」は「聞く」または「尋ねる」ことに対して、自分をへりくだって目上の人を敬う表現となります。

「伺わせていただく」は正しい表現?

「伺わせいただく」は、「伺う」の謙譲語と「いただく」の謙譲語が二つ合わさった「二重敬語」となっています。

一般的に「二重敬語」はへりくだりすぎてくどい表現になったり、逆に失礼に感じられることもありますので、積極的な活用は控えた方が良いかもしれません。

正しい表現は「伺います」

謙譲語「伺う」に丁寧語「ます」をくっつけることで、謙譲+謙譲の二重敬語を回避できます。さらに、丁寧語を付けることで、非常に丁寧な敬語表現として用いることができます。

訪問する際になんと言えば良いか迷った際には、単純に「伺います」と伝えることが無難でしょう。

それではそっけないと感じた場合は「ぜひ」や「喜んで」などを文頭に付ければさらにスマートな表現となります。

他の二重敬語表現

「伺う」が謙譲語であることで、その後ろに続く言葉が謙譲語である場合は二重敬語になります。敬語は後ろに謙譲語が続く表現が多いので、知らず知らずのうちに二重敬語になっている場合が多いです。

例えば「存じます」も「思う」の謙譲語です。

つまり「伺いたく存じます」という表現も厳密に言えば不自然な表現となるので使用は控えた方が良いでしょう。

何気なく使っている敬語が実は誤用である場合も多いので、きちんと確認してからビジネスで用いるのが良さそうです。

ただし「お伺いいたします」はセーフ

「お~いたします」は「する」の謙譲語で、厳密にいえばこれも二重敬語に当たります。

しかし現代のビジネス用語では「お伺いいたします」という表現が日常的に用いられているため、この表現に関しては、二重敬語だとしても使用して問題はありません。

もちろん、この言葉に関しても相手によっては失礼に感じることがありますので、注意が必要です。

「伺います」の使用例

それでは「伺います」の使用例を確認してみましょう。

  • 「御社へ2時ごろ伺います。」→行くの敬語
  • 「この問題の解決方法について、お伺いしてもいいですか?」→聞くの敬語
  • このように同じ言葉でも利用シーンが全く違うので気を付けて使用しましょう。

    「お伺いいたします」の使用例

    それでは「お伺いいたします」の使用例を確認してみましょう。

  • 「明日、再度お伺いいたします。」→行くの二重敬語表現
  • 「この質問項目についてお伺いいたします。」→聞くの二重敬語表現
  • 二重敬語なのでくどく見られがちですが、一般的に使用されている範囲ですのであまり気にせずに活用していきましょう。

    「伺います」の「お伺いいたします」も利用シーンに差はありません。

    「伺います」の別の表現

    「行く」の敬語として用いる場合「参ります」という表現が言い換え表現になります。

    また「聞く」を言い換えする場合は「拝聴」「拝見」などが用いられます。しかしこれらは特にメールなど文書で用いられるので、日常のコミュニケーションで用いられることはあまりないでしょう。

    JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

    複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。