ビジネスでの「ちなみに」の意味や正しい使い方

記事の著者:kenishida

ちなみにという言葉はビジネス以外でも、普段の日常会話にも登場する言葉です。

よく耳にするという方も多いですが、あまり深く考えずに使用してしまう人も多く、実は間違った使い方をしている人が多いので自分自身が正しい使い方ができているのか確認する必要があります。

意味が似ている言葉や敬語など、ちきんとわかっていないとビジネスでは失礼になってしまいます。社会人として恥ずかしい思いをする前に今一度確認しておきましょう。

ちなみにの意味

ちなみにというのは補足するときに使う言葉です。漢字で書くと、因みにという表記をします。

元の語源は因むというもので、何かと関係することという意味で、ちなみにとは前に言ったことに関連してあとから補足するときに使用する接続詞ということです。

ちなみにの使い方

ちなみにという言葉は結婚式のスピーチなどのシーンでも使用することが可能です。ですがだから、つまり、すぐなどと一緒で、丁寧語や敬語ではないので気を付けましょう。

また、ビジネスでも使用することができます。日常会はや、取引先や上司などに使っても問題はありません。うまく使用すると会話がスムーズになります。

ですが、ビジネスで使用するときには、ちなみにだけでは軽い表現に聞こえてしまいます。ちなみに申しますとなど、謙譲語や敬語を合わせて使用すると丁寧に聞こえるので工夫して使用しましょう。

使い過ぎには注意!

ちなみにとは、後から補足する事項があるという時に使う言葉なので便利な言葉ですが、何度もちなみにというと、追加する事項がたくさんあるということになります。

使いすぎると文章として分かりづらく、相手からすると結局何が言いたいのかわかりません。使い過ぎには注意しましょう。

言い換えた言い方

ちなみにをビジネスシーンで使えると言いましたが、より丁寧な使い方に、ついでながらという表現があります。

ついでながらも敬語ではありませんが、恐縮するというのが含まれているので、取引先や上司の方にはついでながらと言い換えることで丁寧な表現にすることができます。

また、付け加えますとと言い換えることができます。ちなみにと同じく前の文章について補足する時に使う言葉です。より丁寧な印象になるので相手や場合によって使い分けをすること良いでしょう。

似ているけど違う言葉

ちなみにと似た接続詞でところでがありますが、こちらは一度言葉を切り話題を変えるというときに使用します。

ちなみにが前の文章に関連したことを付け加えるのに対し、ところでは別の話題を出すときに切り替える時に使う言葉です。間違えないように注意してください。

まとめ

普段自分が使っている言葉で敬語なのがそうでないのかわかっていない言葉があります。

よくわからずに使用してしまう人も多いですが、間違った使い方や上司や取引先の方に失礼な言葉遣いをしているかもしれません。

自分の言葉遣いが正しいか確認し、ビジネスでは気を付けてしようするようにしましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。