ビジネスの場における「ご連絡ありがとうございます」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

記事の著者:kenishida

ビジネスメールや電話などで良く聞かれる「ご連絡ありがとうございます」という言葉。とりあえずこの言葉を使っていれば問題ないと思ってしまうと思わぬトラブルがあるかもしれません。

そこでビジネスシーンにおける「ご連絡ありがとうございます」という言葉の意味、使い方、注意点を紹介します。

正しい使い方をして社会人としてのマナーを学んでいきましょう。

ビジネスの場における「ご連絡ありがとうござい ます」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

「ご連絡ありがとうございます」の言葉の意味、使い方、注意点を9つ紹介します。

「ご連絡ありがとうございます」の意味

「ご連絡ありがとうございます」のもともとの意味は、取引先に電話やメールで連絡してほいし旨を伝えた後、連絡が来た場合にお礼の意味を込めて使います。

何かしてもらったときの返事で用いる言葉の一種ですね。

「ご連絡ありがとうございます」の使い方

では、実際の使い方をみてみましょう。

ビジネスシーンでは、「ご連絡ありがとうございます」の前後に自分の会社、部署、名前を付けるのが一般的です。

また、相手が電話をかけてきて自分が不在で折り返し電話をかける場合は、「ご連絡ありがとうございました」と過去形に用いることもあります。

「連絡」と「ご連絡」の違い

連絡という言葉に「ご」を付けるのか付けないのか迷ってしまうことがあります。

「連絡」も「ご連絡」も文章的には問題はありませんが、「ご連絡ありがとうございます」は取引先から何かしてもらうので「ご連絡」、社内の人、親しい関係者は、「連絡」を使うといいかもしれません。

「ご連絡」を用いた例文・1

ここからは「ご連絡」を用いた例文を紹介します。

1・ご連絡が遅くなりまして申し訳ございません

→連絡が遅れた時について使います。

「ご連絡」を用いた例文・2

2・都合がよろしいときにご連絡頂けましたら幸いです。

→相手方に連絡してほい時に使います。

「ご連絡」を用いた例文・3

お忙しいところ、ご連絡頂きましてありがとうございます。

→「ご連絡ありがとうございます」をより丁寧に表現するときに使います。

とりあえずの返事に使う

メールなどに添付書類を送付して送った時に、相手から届いた旨の返事を受けた場合に「ご連絡ありがとうございます」と返すと便利です。

例文・ご連絡ありがとうございます。送った添付書類をよろしくご査収お願いします。

早速やすぐにをつけてより丁寧にする

「ご連絡ありがとうございます」の前に「早速」や「すぐに」を付けるとより丁寧になります。

連絡して早めに返事をくれた人に使いましょう。

「ご連絡ありがとうございます」 を普段から使う

「ご連絡ありがとうございます」はビジネスシーンだけでなくプライベートでも使える便利な言葉です。

使いこなすには慣れることが大切。

普段から使うことを心掛けて、正しい使い方をマスターすれば人間関係が円滑になるはずです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。