ビジネスの場における「査収」の言葉の意味・使い方・注意点9つ

記事の著者:kenishida

ビジネス場面では、普段聞き慣れない言葉をよく目にします。社会人なら知っていて当然だけど、今更聞けないこともありますよね。

今回はメールなどで良く見かける「査収」という言葉を取り上げます。言葉の意味をよく理解して、正しい使い方をしましょう。

ビジネス場面で使われる「査収」の意味、使い方、注意点9つ

ビジネス場面で良くめにする「査収」の意味、使い方、気を付けるべき注意点を9つ紹介します。

正しい意味を理解して使わないと、失礼にあたることがあるので、きをつけましょう

査収の意味

「査収」の意味は、調べると収めるが合わさって、調べて収めてくださいと言う意味です。

メールで添付ファイルや資料に目を通して欲しいときに使われます。

また、「査収」にごをつけて「ご査収」にするのが一般的です。

簡単な言い方をすれば、送ったものをよく見てくださいと言う意味になります。

正しい使い方

「査収」の正しい使い方は、何かを送ったけれどキチンと見てほしいという意味で使われるので、単にファイルや資料だけだなく、その内容のどこをみて欲しいか教えてあげてたほうが親切です。

気を付けること

「査収」はファイルや資料を確認してほしいと言う意味なので、対象のファイルや資料がなければ使ってはいけません。

対象物がないのに「査収」を使ってしまうと意味が通らなくなってしまいます。

物事を知って欲しい、単に確認してほい程度ならば、「ご確認」で十分意味が通ります。

例文①

先ほど資料を発送いたしました。よろしくご査収下さい。

例文②

以前、ご依頼頂いた案件の資料を送付させて頂きました。ご査収願います。

例文③

今回行われた会議の資料をメールにて送付しました。よろしくご査収のほどよろしくお願いします。

正しいメールの返答の仕方

ご査収して欲しいメールが送られてきたら、それに対する正しい返答が必要です。

正しい返答は、お礼とともに確認して欲しい内容に触れてるのが礼儀です。

よく確認ましたよと相手に伝えましょう。

例文→お送り頂いた資料を確認しました。○○をもっと改善した方がよいと思いますがいかがでしょうか?

あえて難しい言葉を選ばない方が良い

無理にビジネス場面で難しい言葉を使おうとすると、
墓穴を掘ってしまう可能性があります。

特に新入社員の頃は、無理に難しい言葉は避けるか、先輩や上司よく確認をとってから使うようにしましょう。

ビジネス場面では、自分が思っている意味とは違う言葉がたくさんありますよ。

類似語との違い

「査収」と似た言葉に「査証」というものがあります。よく混同して使われていますがどの様に違うのでしょうか?

どちらも相手に調べてほしいことには変わりませんが、査収は何かを調べて収めること、査証は調べて証明することです。

法律関係の仕事によく出てくる言葉ですが、一般的に調べて確認してくださいと言う意味で使うならば「査証」を使ったほうがよいでしょう。

誰か使っていたから使っても大丈夫と思わずに、言葉の意味を良く知ることが大切です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。