ビジネスの場における「マイノリティ」の言葉の意味と使い方・注意点など9つ

記事の著者:kenishida

ビジネスの場でよく使われるマイノリティという言葉についてみなさん理解し正しく使えていますか。日常生活において使うことがあまりないので知らない人がほとんどのはずです。

ですが、マイノリティはビジネスの場ではよく使われますので知らないままでいると会話についていけなくせっかくの機会を逃す可能性があります。

では、マイノリティとはどのような意味でどのように使うのが正しいのか、この記事を読んでいる方は必ずそう思うはずです。

なので今回はビジネスの場におけるマイノリティの言葉の意味と使い方・注意点について解説していきます。

「マイノリティ」の言葉の意味と使い方・注意点9選

まずはマイノリティとはどのような意味なのかについて解説します。マイノリティという意味は社会的少数者または社会的少数集団をいいます。具体的な例を挙げると、朝はご飯派かパン派かを調査した結果、ご飯派が多かった場合、パン派が少数派となります。そして、このパン派がマイノリティとなります。

それでは、マイノリティの意味が分かったところで、マイノリティがどのような場面や人に使うのかと注意点についていくつか紹介していきます。

人の特徴を表す場合

1.タバコを吸う人
タバコを吸う人は現代の分煙や禁煙社会において非常に肩身の狭い思いをしているはずです。特に、喫煙に関しては、喫煙箇所が決められた箇所でしかできないといったことがありあすので、喫煙箇所を探すのに苦労します。

国が健康的な社会を推進していますので、会社でも禁煙運動が非常に活発です。また、奥さんが妊娠をすれば必ずと言っていいほど禁煙を命じられます。このような人はマイノリティな人です。

2.高級車を乗る人
高級車を乗る人は他の人よりもお金に余裕がある人です。現代社会において、そのような人は非常に少なく、今は家計に優しいハイブリットなどのエコカーや軽自動車が主流となってきています。

さらに、結婚すれば家族全員が乗れるような大きな車に買い替えないといけなくなるため、独身時代に乗っていた高級車を手放さないといけなくなります。このような人はマイノリティな人です。

3.飲み会などで飲めない人にお酒を勧める人
飲み会などで飲めない人にお酒を勧める人は時代の変化についていけていない人です。今の時代は昔にはなかった、アルコールハラスメントという言葉が出ていています。

特に「俺の酒が飲めないのか」というような発言は真っ先にアルコールハラスメントとして取り上げられますので注意が必要です。このような人はマイノリティな人の特徴です。

4.何事に対しても疑問に思う人
何事に対しても疑問に思う人は些細なことでも疑問に思います。また、常に疑問に思う姿勢のため、他の人が当たり前だと思っていることへも疑問に思います。

なので、そのような人は敬遠されがちになります。ですが、そのような人ほど後世に残るような大きな発見をします。このような人はマイノリティな人の特徴と言えます。

5.裸眼で生活をしている人
裸眼で生活している人は今では半分もいません。ほとんどの人がメガネまたはコンタクトレンズなどで矯正しています。

この背景としては、昔はスマホやパソコン、ゲームといったものがなく電子画面を見ることがありませんでしたが、今では、2歳時がスマホでゲームをしているような時代なので、視力が低下していくのは必然です。このような人はマイノリティな人です。

マイノリティを使う場合の注意点

1.マイノリティの対義語
マイノリティはマイナーという意味と間違われ、対義語はメジャーだと勘違いしている人もいます。メジャーの意味は「有名」や「大きい」という意味ですので、対義語ではありません。マイノリティの対義語はマジョリティという言葉で「多数派」という意味ですので注意しましょう。

2.マイナーとの混同
日本ではマイノリティよりも、マイナーという言葉の方がよく浸透しています。マイナーの意味は「小さい」や「劣る」というような意味にであり、マイノリティとは全く違う意味ですので、ビジネスの場においてこのような混同には注意しましょう。

3.ビジネスの場で使うマイノリティ
マイノリティの意味は少数派という意味ですので、必ず対比となる多数派がいます。なので、3択以上の回答などがある中で対比をするような場合には対比ができず、マイノリティという言葉は使用できませんので注意してください。

4.子供に対して使うマイノリティ
マイノリティには少数派という意味以外にも未成年という意味もあります。ですが、この未成年という意味は、そのままの言葉の意味として汲み取れば20歳未満となりますが違います。この未成年という意味は性交渉がない人のことを指しますので注意してください。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。