髪型・髪色が自由な仕事は?接客業でなれけば比較的なOKなところが多い

記事の著者:1103870

社会に出ると、髪型を自由にできる機会も少なく、黒染めをしなくてはいけない職業もあるでしょう。しかし黒髪は似合わないからやりたくないという人も多いはず。

目鼻立ちがはっきりしている色白な人であれば黒髪はとても可愛く似合います。しかし肌の色が少し黄色味がかっていて、髪の質が剛毛な場合、黒髪にするとすごく野暮ったく見えてしまうことがあります。

今まで試行錯誤をして似合う髪型を見つけたのに、そのヘアスタイルを崩すことに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。そこで今回は髪型が自由な仕事を紹介します。

飲食店のホールスタッフ

接客業は、人との関わりが多いので、身だしなみに厳しい印象が強い職業と思われていますが、求人サイトを見てみると、髪型は自由の募集は多いです。

店によっては、服装だけでなく髪型や染髪でもOKのところもあります。ただし、奇抜な髪色や明るすぎる髪色、肩より長い髪は束ねるように指示されることがあります。

ポニーテールや丸めたお団子頭風のアレンジ、三つ編みにしてアップすると、正面から見るとショートヘアに見えて、髪型ひとつでも、いろいろなアレンジを楽しむことができます。

時給は900円~1,300円が相場です。午後10時から午前5時まではの時給は、通常よりも1.25倍に高くなります。

コールセンター

コールセンターの仕事は、基本電話で対応する仕事です。外に営業で出かける必要がないので、髪型や服装、ネイル、アクセサリーなどが自由の求人が多いです。髪型は、ロングでもあまりうるさくないようですが、明るい茶髪、金髪などもOKなところが多いです。

基本的には非契約雇用で雇われるため、早い時間に仕事が終われば、そのまま出かけることも可能です。基本的に座って作業することになるので、靴や服装も自由に決めることができます。

ただしあくまでも職場ではあるので、あまりにも露出度の高い服装や、派手すぎる格好には気をつけましょう。時給は1,000~1,500円が相場になっています。

美容師

髪型や髪色で思いっきり遊びたいと考えている人は美容師になるのがいいです。美容師であれば金髪だろうが、紫だろうが問題はありません。

個性的な髪型をしている美容師も少なくないので、目立ってしまったり、嫌な目で見られることもないでしょう。むしろ美容師自身が、インパクトのある髪型にすることで、指名が増えたりします。

お客さんに「素敵」「真似したい」と思ってもらえるように、編みこみ・ヘアアクセサリーの使用などのアレンジすることができます。ただしお店のコンセプトを崩さないようにすることは大切です。美容師の平均年収は、260万円~300万円程度でしょう。

まずは転職サイトで可能性を

髪型・髪色が自由な仕事へ転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

今回紹介した職業以外にも、髪型・髪色が自由な仕事はたくさんあるので、リクルートエージェントで紹介してもらいましょう。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。