全国転勤のメリットとデメリットとは?自分の幸せを考えた選択をしよう

記事の著者:三吉

仕事を選ぶうえで、全国転勤の可能性があるかどうかは、非常に重要なポイントになってきます。転勤の可能性の有無で仕事を決める人は多く、全国転勤があると聞いただけで別の仕事を選びたがる人もいるでしょう。

デメリットが大きいと思われがちな全国転勤ですが、意外とメリットが大きいという場合もたくさんあります。

今回は、全国転勤のメリットとデメリットを紹介していきます。転勤に迷っている人、ぜひ参考にしてみてください。

全国転勤のメリット

あらゆる面でスキルアップが望める

全国転勤は自分が思っている以上に大変なものです。まず、仕事の環境が大きく変わることは覚えておかなければいけません。

同じ職種の仕事でも、環境が変われば全く別の仕事に感じることも多いでしょう。

人間関係もほぼリセットされるので、一から人間関係を構築していくためにも労力がかかり、必要以上に気を遣って疲れることも多いはずです。

しかし、だからこそ仕事の技術やコミュニケーション能力が各段に上がることは間違いありません。人間としての幅が広がり、人脈も充実することでしょう。

結婚や恋愛だけでなく仕事でも充実した毎日を送りたい人は、全国転勤の可能性がある企業に就職し、自分の可能性を広げていくことも視野に入れておいて損はないのです。

色々な場所に住むことができる

自分の住み慣れた地域にずっと住みたいという方もいるかもしれません。生まれ育った地にずっと住むのはもちろんいいことです。

しかし、ずっと同じところに住んでいると飽きを感じることはありませんか?全国転勤のある会社で働いた場合、これまで訪れたことのないような遠い地に転勤となるケースもあるでしょう。

いろいろな場所に住むことができると価値観も変わりますし、地域の文化にも触れることができます。人生の糧となる多くのことを経験できるはずです。

地方の観光名所が家から近くなることも、全国転勤のメリットでしょう。

人間関係を一からリセットすることができる

会社という狭い世界の中に居ると、人間関係に悩んだりということがあります。小さなことでも悩んでしまうものです。人間関係の悪い職場では働きたくないと思う方がほとんどでしょう。

しかし転勤族の場合は、同じ職場に長くいるということがないので、そこまで人間関係に悩むことがないようです。

もし人間関係で嫌なことがあったり、ずっと一緒に働いていかなくてはならないと思うと憂鬱になってしまうでしょう。職場に嫌な人が居た場合でも「すぐに転勤になるからいっか」と割り切ることができます。

転勤した先でまた新たに人間関係を築いていかなくてはならないので大変ですが、一からリセットできるということはメリットにもなるのです。

転勤のデメリットだと思われがちなことですが、近すぎない距離感の人間関係を持てると考えるとメリットに感じる人もいるでしょう。

出世しやすくなる

転勤をするのは出世コースと言われています。本社勤務だった人が地方に転勤となった場合、左遷かと思うこともあるかもしれませんが、地方に行って地位が上がる栄転というケースの転勤もあります。

エース級の人材を地方に送り、本社よりも責任は少ないながらも裁量の大きい仕事を任せることで、幹部候補として育てるという判断をする企業は多いです。

転勤した先で成果を残すことができれば、出世への道がさらに拓けてくることでしょう。

全国転勤のデメリット

転勤先が自分に合わない

辞令が出て、今まで全く縁もゆかりもなかった場所へ転勤になる場合がたくさんあります。

転勤先が自分にとって合う場所であれば問題はないでしょうが、合わなかった場合は最悪です。仕事のモチベーションすら上がらなくなってしまう場合があります。

転勤によって仕事や人間関係がうまくいかず、精神的に病んでしまったり、仕事を辞めてしまう人もいるのです。

転勤はスキルアップのチャンスですが、うまくいかなかった場合は落ちるところまで落ちてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

結婚のタイミングが掴めない

特に女性は結婚や出産を考えて、全国転勤の可能性がある仕事を避けたがる人が多いです。

やはり、転勤を経験すると仕事でもキャリアをどんどん積んでいくことになりますし、結婚や出産どころではなくなっていく可能性はあります。

キャリアアップを優先させるか、結婚や出産などの女性としての幸せを優先させるかは人によってさまざまですが、どっちつかずになると、思いがけず結婚ができない悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

男性も同様に、数年おきに住む場所が変わると、せっかくいい人に出会っても転勤をきっかけに別れることになってしまって結婚のタイミングが見つからないという人は多いです。

自分にとって優先させたいものは何かよく考えたうえで、全国転勤はありなのか判断するといいでしょう。

自分にとっての幸せとは何か考えよう

働き方が多様化している現代では、男女ともに幸せのかたちも多様化してきています。

仕事に生きることが幸せだと感じる人、趣味を極めることを生きがいとする人、温かい家庭を築くことが目的の人など、人生において何に重きを置くかは人それぞれです。

もし仕事のスキルアップに幸せを感じるのであれば、全国転勤はとてもいい機会なので挑戦してみましょう。

もし転勤がイヤだ、転勤先の環境が自分に合わないなど、不都合なことがあれば、転職するのも一つの方法です。

今の職を手放して転職をするのは不安かもしれませんが、合わない環境で我慢をしながら働くならば、新しい職に就いて自分の可能性を広げるのもいいでしょう。

転職サイトのDODAでは、専任のアドバイザーが個人のキャリアに対して客観的に助言をしてくれます。また、履歴書の記入や面接の対策も用意されていて、くまなくサポートを受けることができます。

DODAなら、安心して転職に挑戦することができるため、一度登録してみてはいかがでしょうか。

DODAに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。