音楽を聞きながらでもできる仕事とは?直接音楽に関われる仕事も合わせて紹介

記事の著者:1103870

仕事中は誰でもストレスを感じるものです。程度にリラックスしながら働くことは非常に重要。

そしてそんなリラックス方法に音楽を聴くという行為を取り入れている人がいるかもしれません。古代のギリシャや中国などでは、音楽は精神療法や医学的な目的で使われていたことがあるそうです。

そのため20世紀アメリカでは音楽療法の研究が活発になっています。結果、仕事中にBGM流す会社が増えてきました。BGMを流すことで、生産性の向上・ミス減少・ストレス軽減など一定の効果があるのではないかといわれています。

音楽が好きな人や、昔から勉強するとき音楽を流していた人は、仕事でも音楽を聞きたいと思う人がいるかもしれません。そこで今回は、好きな音楽を聴きながら、仕事ができる仕事を紹介します。

音楽聞きながらできる仕事

基本的に音楽聞きながらできる仕事は、オフィスワークの仕事であるといえます。しかしそのなかでも音楽を聞いて仕事ができる職種は限られているといえるでしょう。ただしの会社の風潮的に、NGとしてる企業も少なくなりません。

周りの空気を読んだうえで音楽を聞くようにしましょう。そして音楽を聞いていても、周りとのコミュニケーションはしっかり取れるようにしておくことも大切です。

営業職

営業職は日中に関しては、クライアントへの提案・改善対応・実施報告などで音楽を聴く暇はありません。電車内の移動であれば少しは音楽を聴くことが可能かもしれませんが、日中電車のなかで音楽を聞いて仕事をしている営業職は少ないでしょう。

しかし退社後は会議などがない限り、メール対応や、資料作りをするのがメインな仕事になります。そして夜はオフィスに残っている社員も少ないため、比較的自由に仕事をすることができます。

そのためよる帰社したあとは、音楽を聴きながら仕事も可能といえます。

プログラマー・エンジニア

プログラマー・エンジニアは、基本的にクライアントや社内で依頼された通りのシステムを作り上げることがメインの仕事です。そのため個人でおこなう作業も多くなります。そのため音楽を聴きながらプログラムを書いていても何も問題はないでしょう。

とくにコンピューターシステム開発会社やゲーム開発会社、WEB制作会社などには、プログラマー・エンジニアが多く在籍しているため、周りでもヘッドフォンをして仕事をしている人が多いかもしれません。

ただしプロブラマー・エンジニアは、強い自分の世界観を持っている人が多いので、殻に閉じこもって仕事をしないよう注意が必要です。

直接音楽に関われる仕事

直接音楽とがっつり関わって仕事をしたいと思っている人もいるでしょう。そういった人におすすめの仕事も紹介します。

MA(マルチオーディオ)ミキサー

MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、収録されたテレビ番組や映画の音声を調整をする仕事です。雑音が入っている音声をそのままの状態でテレビに流すことはできません。

そのため、編集された映像に、音源をミックスしたり、映像に合う効果音を流したり、加工と調整を行う事で、視聴者が聞きやすい映像に作り上げるのが、MA(マルチオーディオ)ミキサーの仕事です。

映画などの重要な別れのシーン、歓喜のシーン、結婚式のシーンなどのいろいろな場面を自分自身の感性を発揮して、音で演出をおこなうことで、映像に命を吹き込む事ができます。

MAミキサーは音の演出家といわれる程で、自分の感性を最大限に仕事に生かす事ができます。好きな音楽を使って映像を引き立たせる事が可能です。自分のアイデアやこだわりを形にする事ができます。映像と一体化した音づくりを演出できます。

またMAミキサーの活躍の場は、CM制作や映画、テレビ映像制作など幅広いです。MAミキサーとして働くことで、映像制作に関する知識や音に関する知識、音を正確に聴き分ける力が身につくでしょう。平均年収は、400万円~500万円未満です。

PAエンジニア

PAエンジニアは、音響オペレーターといわれる音響スタッフです。コンサート会場で観客の中央で音響機材を操り、イベント中に音量や音響の調整や管理をしています。

スピーカーの大きさや種類や、マイク本数がイベント規模・内容によって異なります。その会場に合った適切な機材を選んで、セッティングします。コンサート会場の真ん中で、コンソールを操作する姿にあこがれを持つ人は多いです。

またPAエンジニアの仕事は、コンサートは、本番1回きりという緊張感があります。本番が終わった時に、観客から大きな拍手が巻き起こるとPAエンジニアとしてスタッフの一員として演奏を支えたんだという興奮と感動を覚える事ができます。

音楽が好きな人にはPAエンジニアは向いている仕事です。音響会社やコンサートなど制作会社にPAエンジニアとして就職した場合の初任給は15~16万円です。能力に応じて月給40~45万円と上がっていきます。

ブライダルプレイヤー

ブライダルプレイヤーは、結婚披露宴のとき、入場シーンやウエディングケーキ入刀シーン、食事中のBGMなどそれぞれのシーンで演奏する曲を新郎新婦からリクエストしてもらい、エレクトーンで演奏します。

自分の演奏が結婚式の雰囲気の一部をつくりあげているという感動がある職業といえます。新郎新婦がメインの結婚式です。ブライダルプレイヤーは、結婚式に花を添える役です。人生で一番輝く瞬間に立ち会う事ができて、人に喜んでもらうことのできるやりがいのある仕事です。

しかし、ブライダル関係なので、土日に仕事が集中して、平日は仕事がなかったりします。

音楽が好きで、演奏するのが好きな人には向いている職業です。レストランウエディングや海上ウエディングなどウエディングの形はいろいろ変化していますが、生演奏は注目を浴びています。ブライダルプレイヤーの月収は20万円程度でしょう。

まずは転職サイトで可能性を

音楽が聴ける仕事へ転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

今回紹介した職業以外にも、音楽が聴ける仕事はたくさんあるので、リクルートエージェントで紹介してもらいましょう。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。