漫画と関われる仕事。日本の文化になりつつ漫画を支えられる仕事はたくさんある

記事の著者:1103870

情報メディア白書によると、新刊マンガ単行本を発刊した漫画家は、2010年で約6000人。そして出版月報によると、年間に発刊されるマンガ単行本数は、2014年では約1万2,000冊といわれています。

毎月新しい漫画本が1,000冊、1日30冊販売されていることになります。

2018年にも、『キングダム』累計発行部数は3,600万部。『僕のヒーローアカデミア』累計発行部数は1,700万部。『はたらけ細胞』累計発行部数は300万部と、人気漫画が次々誕生しています。

笑わせてくれたり、自分の人生を見つめなおさせてくれたり、頑張る勇気をくれる漫画。そんな漫画は最近では、紙だけではなくスマホなどでも楽しめるようになてきています。

出版業界は好調ではありませんが、漫画や書籍が無くなる事は決してないでしょう。そんな日本の文化になりつつ漫画に関わる仕事は、決してマンガ家だけではありません。ほかにはどんな仕事があるのでしょうか?

マンガ編集者

マンガ編集者は、若手世代が憧れる職種の1つ。漫画家が描いてきた作品を1番最初に読み、漫画家と一緒により面白い作品にするために修正を入れていく仕事です。

より魅力的な登場人物の設定や物語の構想などを、漫画家と一緒に考えていきます。マンガ編集者とマンガ家が二人三脚で面白い作品を作り上げていく職業となります。しかしただ面白いだけではなく、どうしたら売れるかなど、マーケティング的な視点も重要になります。

編集者になるための資格は特にありません。出版社と編集プロダクションに入社して、漫画編集者として、漫画家をサポートしていきます。漫画編集者は、1人で数人の漫画家を担当することになります。

漫画家編集者は、新人漫画家を発掘するのも重要な役目です。漫画雑誌の編集部には、数多の原稿が持ち込まれます。持ち込まれる作品の他に、web公開作品やイベント会場の作品などに目を向けて、可能性を秘めた作品を見出さなければなりません。

漫画家と一緒にヒット作を生み出す楽しさや自分が見つけた新人漫画家がヒット作品を生み出したりする喜びを実感できる職種といえます。編集者の平均的な年収は400万円です。

アニメシナリオライター

アニメシナリオライターは、人気漫画に沿ってアニメの構想とあらすじをを考える仕事をすることもあります。オリジナルストーリーの場合、原作ベースのストーリーを考える場合の2種類があります。

アニメなどでは、シナリオライターが重要な役割を果たします。面白い作品にするためには文章力だけでなく構成力が必要になります。シナリオライターには、文章表現能力や作品の構成力や発想力を求められますが、特に必要資格はありません。

監督と一緒に考えて作り上げるものですが、セリフを考えたり、キャラクターを動かすのはシナリオライター自身です。そのキャラクターの台詞や行動に感動してもらえるとやりがいを覚えます。

アニメのシナリオライターは、1話について約20万円前後で、1クールの場合、200~300万程度の給与になっています。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメなどのキャラクターをデザインする仕事です。原作の世界観を生かして、デザインしたり、白紙の状態からオリジナルキャラクタを作り出す場合もあります。

人物だけでなく、動物や植物や建物などいろいろなモノをモチーフにしたキャラクターを作り上げていかなければならないので、豊かな想像力やレベルの高い描画力が求められますが、特に必要な資格はありません。

自分が手掛けたキャラクターの人気がでると、関連グッズが商品化されたり、別の作品に使われたりして、たくさんの人から愛される存在になります。年収は300万円~600万円程度になります。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。