保育士はネイルしてもいいの?許されるデザインやカラーの範囲とは?

記事の著者:sagiri

子どもと毎日接することになる保育士。お化粧はナチュラル、もしくはすっぴんで、アクセサリーやネイルもしていないイメージがあります。

しかしネイルも一般的になってきました。最近ではセルフネイルも入れると9割の女性がネイルの経験があるそうです。保育士とはいえ、ネイルを楽しみたいと思っている人もいるでしょう。

最近流行りのジェルネイルであれば、剥がれることは滅多にないですし、ストーンなどを付けなければ、子どもに何か被害が及ぶことは少ないともいえます。

具体的にはどの程度のネイルまでが許容される範囲なのでしょうか。今回は、保育士のネイル事情について紹介します。

そもそも保育士はネイルをしてもいい?するべきではない?

そもそも保育士のネイルには賛否両論の声があります。保育園の雰囲気や、保護者の性格によっても、賛成反対の声は変わってくるでしょう。

まずはそれぞれの意見を紹介します。

反対派の意見

反対派の意見としては、

「長くなくても、洋服に引っかかったり、傷がついてしまう可能性は0%ではない」
「仕事に必要ないと思う」
「先輩や保護者から反対する人が少なからずいるはずなのに、わざわざする意味がわからない」
「子どもが真似したいと言ったら困る」。

など、安全面を心配する声を中心に、批判的な意見が見られます。

賛成派の意見

一方で賛成派からは、

「保育士だからと言って、おしゃれをしてはいけないのはかわいそう」
「ナチュラルでシンプルなデザインなら気にならない」
「全く気にしてない保育士より、むしろマシだと思う」

など、マナーとしてのネイルケアを中心に、賛同する意見があります。

保育士のネイルで押さえておきたいポイント

上記の意見をまとめると、ポイントは「子どもの安全面に影響がない」という条件を満たしているということになります。

逆にまったくネイルケアをしていないことに嫌悪感を抱く層もいることを考えると、清潔感のある保育士に見えるためには、基本的なネイルケアをした方が好印象を与えられるでしょう。

これを踏まえて、以下では保育士のネイルで押さえておきたいポイントを紹介します。

爪は短くそろえる

ネイルの装飾の有無に関係なく、そもそも子どもの安全のために長い爪は厳禁です。子どもを引っかいてしまったり、自分自身も爪が割れてしまいケガさせる可能性もあります。

そのため、もしネイルをする場合はショートネイルが基本です。

衛生面に気をつける

ジェルネイルは、剥がれたネイルが子どもの口の中に入ったりすることで、衛生面に問題があります。

いつの間にか剥がれていた、欠けていた、爪が伸びていたという問題がないように、もし利用する場合でもこまめかつ定期的なケアをおこないましょう。

派手な色・装飾は避ける

色はピンクベージュ系がおすすめです。あくまでも目立たない、清潔感のあるカラーにしましょう。デザインは、フレンチネイルやグラデーションネイルを選ぶと、派手さを抑えつつおしゃれを楽しむことができます。

また、ストーンを付けたり、原色系の派手なネイルはNG。保護者からの印象が悪いだけでなく、子供を怖がらせてしまう原因にもなります。

保育士におすすめのネイル

とはいえ無難なのは、出勤時にネイルをしないことです。ネイルケアだけならまだしも、やはり保護者や園内にはネイル反対派が多くいるはずです。嫌われたり、裏でコソコソ言われるのあれば、我慢するに越したことはありません。

そこで休日にできる、保育士におすすめのネイルを紹介します。

剥がせるネイル

最近では剥がせるネイルが、100円ショップやドン・キホーテ、ネット通販で多く販売されています。

また剥がせるジェルネイルも販売されており、ジェルネイルのようにぷっくりした雰囲気を表現できるものなど、剥がせるネイルも進化しています。

ネイルシール

剥がせるネイルは、塗りにくい・ネイルアートができない、などのデメリットもあります。そこでおすすめなのがネイルシール。

さまざまなデザインのネイルシールが、amazonや楽天で販売されています。指にシールを貼って余ったシールはヤスリで削ればいいだけと、とても簡単。初めてネイルシールに挑戦する人も問題なく使用できます。

不器用できちんとできるか不安な人は、まずは100円ショップのもので挑戦してみるのがいいでしょう。剥がせるネイルよりも、本格的なネイルを楽しむことができます。

編集部オススメ!保育士のための転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。